ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の新トレーラー公開、主人公の詳細が明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エディ・レッドメインはMTVムービー・アワード2016に魔法の力を持ち込み、映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフとなる映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の最新トレーラーを紹介した。

映像には新たなシーンがたくさん詰め込まれ、レッドメイン演じる魔法生物研究者のスキャマンダーに関する情報をより明らかにしている。チラッと映る彼のスーツケースの中には、ハッフルパフ(ホグワーツ魔法魔術学校の4つある寮のうちの1つ)のマフラーが確認できる。どうやら彼は、自身のひどい執着を理由に学校を追放されたようだ。さらに、ハリー・ポッターが偉大な人物と慕うアルバス・ダンブルドアは、スキャマンダーを気に入っている。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は1920年代のニューヨークを舞台とし、その時代と場所が持つ重要な要素が加わえる一方で、オリジナルの『ハリー・ポッター』が持つマジカルな世界観を豊富に含んでいる。

本作の脚本は『ハリー・ポッター』シリーズの著者であるJ・K・ローリング自身が手掛けた。ダン・フォグラー、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、コリン・ファレルが共演し、『ハリー・ポッター』シリーズの監督を務めたこともあるデヴィッド・イェーツが監督する。

ローリングは、ニール・ブレア、デヴィッド・ハイマン、スティーヴ・クローヴス、ライオネル・ウィグラムと共にプロデューサーも務める。ティム・ルイスがエグゼクティブ・プロデューサーとなる。

MTVムービー・アワードでは、他にも映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、映画『スーサイド・スクワッド』の最新トレーラーが公開されている。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月18日(現地時間)に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP