ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

指定校推薦の面接に向けて知ってほしいこと!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

合格率の高さと主な試験科目が面接のみということで人気の指定校推薦ですが、名前は知っていても実際どんなことをするのか知らない人も多いはず。ということで今回は指定校推薦の面接についてお話しします。

面接ってどんなことをきかれるの?

絶対に聞かれることは「志望理由」です。一番大切なのは「この大学に入りたい」という気持ちをまっすぐに伝えることです。「なんとなく…」じゃ面接官からの印象も悪いですよね。大学側も自分たちの大学に入って学びたいと思っている学生を求めています。大学へ行ったり、パンフレットやHPを見て受験する大学のことを調べたうえで、どこに魅力を感じたのか、どんなことを学びたいかがきちんと伝わるような志望動機を準備しておきましょう。

面接で注意すべきことは?

次に面接を受けるときに注意したいことは「言葉遣い」です。面接は普段の生活ではなかなか経験することのない「かしこまった場」です。きれいな言葉遣いができない人も面接官からの印象を悪くしてしまいます。面接日間近になって敬語を勉強しても、面接当日に敬語を使いこなすのは難しいでしょう。普段の学校生活から先生や目上の人に対する言葉遣いに気を付けて、敬語に慣れておきましょう。

進路指導室を活用しよう

学校の進路指導室には、過去に指定校推薦を受けた先輩の体験談や、面接のときに質問された内容のリストなど沢山の資料が置いてあります。まずは一度足を運んで志望する大学や面接のことを調べてみてください。

面接対策をしていこう!

指定校推薦を希望する場合は、面接対策を十分に行うことが重要です。自分自身の志望理由をよく考え、進路指導室などで過去の資料にも当たり、大学側が求める学生像の傾向をつかみ、日々意識的に対策していくことが合格への近道です。

studysapuri.jp

studysapuri.jp

studysapuri.jp

関連記事リンク(外部サイト)

あなたはどこ派?映画館のお気に入りの座席位置をみんなに聞いてみた<みんツイ研>
買い物はコンビニよりスーパー! おこづかいやりくり術~その2~<高校生実態調査>
これわかるぅ~!受験生のあるあるランキング

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP