ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

when a night ends—the sun rises/Amit Berlowitz

DATE:
  • ガジェット通信を≫

unnamed

 

VACANTが今年新たにスタートしたアートプロジェクト「VACANT VERNACULAR」では、世界の各都市からアーティストを招き、東京での展覧会やフィールドワークなどを通して「都市とアート」の関係を考察していく。第二回目のプログラムとなる本展覧会では、イスラエル・テルアビブを拠点に活動するAmit Berlowitz(アミット・バーロウィッツ)をゲストアーティストに迎えて、イスラエルの美しい景色を背景に撮影された写真シリーズ作品と映像作品4点を展示。本展会期中には、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭のサテライトイベントであるKG+ 2016にも関連展覧会を出展を予定。

 
unnamed-1
「制作を続ける限り、私は〈意味〉の探求を止めないでしょう。むしろ私の場合は、この探求こそが人生に意味をもたらしているのです」-アミット・バーロウィッツ

イスラエル・テルアビブを拠点に活動するアミット・バーロウィッツ日本初の個展となる本展は、サミュエル・ベケットの戯曲『ゴドーを待ちながら』を題材とした写真シリーズ『Godot』(2015)をはじめとして、浜辺で旗取り競争に興じるイスラエルの子供たちの様子を捉えた『Flags』(2014)、仮面を被った女性がピアノ協奏曲にあわせてカメラの前を舞う『Dance』(2014)など、4つの最新映像作品から成る。

作品に登場するイスラエルの美しい景色や人は「ヴァナキュラー(土着)的」でありながら、作品を構成する「土地・人物・言葉」といった要素は、作品内で行われている(発生している)単純な動作、あるいはその反復によって「場・身体・音」という普遍的なものへ変化していく。作品が純粋無垢な美しさに輝き、何気ない日常の風景に物語性を宿しているのは、バーロウィッツの言葉が示すが、むしろ慣習的な意味づけから物事を解放して、見ている側が持つ身体的な記憶を呼び覚まし、各個人が所有する物語を引き出すために用いる、原初的な〈意味〉であるからに他ならない。

http://amitberlowitz.com

unnamed

アミット・バーロウィッツ(Amit Berlowitz)
写真家・映像作家。アメリカ生まれ。パリ第1大学にてビジュアルアーツ美術学修士課を修了。現在、テルアビブを拠点に活動。
主な個展に、2011年「Métonomie(s)」(パリ、Gallery Mor-Charpentie)、2009年「In Between Everything that Is」(テルアビブ、Braverman Gallery)など。主なグループ展に、2014年「Le Chroniques Purple」(東京、VACANT)、2012年「Another world possible」(エルサレム、Jaffa 23)、2012年「Private/Corporate VII」(ベルリン、Daimler Art Collection)。2011年、イスラエル文化省「Prize for Encouragement of Creativity 」を受賞。『Les Chronique Purple』『The Purple Journal』、『Correspondencia』、『Code Magazine』、『Picnic Magazine』、『Artforum』など多国籍の雑誌に写真を提供する他、ライターとしても活躍。

「KG+ 2016」出展
(KG+は、KYOTO GRAPHIE京都国際写真祭と連携し、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的に、2013年よりスタートしたアートプロジェクト。)
展覧会名: when a night ends-the sun rises
会期: 2016年4月22日 (金)— 4月28日 (木)
開館時間 : 12:00 – 19:00 (会期中無休)
会場 :MFSroom(京都府京都市左京区下鴨梅ノ木町71-5)
入場料 : 無料
http://www.kyotographie.jp/kgplus/2016/

主催 : VACANT
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
後援:駐日イスラエル大使館

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。