ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米と米麹のみの甘酒ときな粉たっぷりの力餅うぐいす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月11日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、歴史上の人物が歩き描いた旅路を辿っていくコーナーで、辰巳琢郎さんが「甘酒茶屋」(神奈川県足柄下郡箱根町)を訪れた。江戸時代初期に創業したという同店は、かやぶき屋根の趣のある佇まいの建屋だ。

店の名前の由来にもなっているという「甘酒」は、米麹と米のみで作られており、酒粕や砂糖などの添加物は一切入っていない昔ながらの製法で作られている。
まずは一口いただいた辰巳琢郎さんは「もう57年生きてますが、今までで一番おいしい甘酒かもしれません。これはしみますね」としみじみコメントした。
「力餅うぐいす」は、きねでついた餅を備長炭でふっくら焼きあげ、ほんのり甘いきな粉をたっぷりとまぶしたお餅が2個入ったものだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:甘酒茶屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:箱根のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:箱根×カフェ・スイーツのお店一覧
おかずが食べ放題のランチ定食
フグ出汁を使った濃厚魚介パスタと職人の握る鮨のセット

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP