ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食通が推薦 新たな食体験ができる「稀少肉」の名店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 焼肉店は至る所にあるが、“新たな食体験”ができる店はなかなかない。フードアクティビストの松浦達也氏が、肉業界の最新トレンドである“稀少肉”を提供する名店を2店紹介する。

 1軒目は「予約不可」で「総理大臣も並んだ」といわれる名店・スタミナ苑(東京都足立区)。客の9割が注文する名物「ミックスホルモン」は新鮮で透き通る美しさだ。松浦氏のオススメは濃厚な味わいと甘い脂身が特徴のカルビ「並切り落とし」。焼くと濃厚な旨みが肉汁と共に口いっぱいに広がる。

 2軒目は、横浜市金沢区にある食道苑だ。「山形牛をどこよりも旨く、安く」がポリシーの食道苑。店主こだわりの極上の山形牛の上タン塩に特選カルビ、特選ロースなどが盛り込まれた特選ディナーコースは驚きの3700円。とろける口どけがクセになるホルモンも人気だ。

【プロフィール】松浦達也(まつうら・たつや):「食べる」「つくる」「ひもとく」を標榜するフードアクティビスト。テレビ、ラジオなどで食関連のトレンドやニュース解説を行なうほか、『dancyu』(プレジデント社)などの食専門誌やWebサイトなどで執筆・編集多数。近著に『大人の肉ドリル』(マガジンハウス刊)がある。

撮影/岩本朗

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
スキー再ブームも「冬スポーツ細分化で人気継続は難しい」の声
プロ野球改革案 CSの欠陥を改善する「3ディビジョン制度」
ぐるなびVS食べログ 2大グルメサイトが割引サービスで激戦

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP