ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

満開より好き。桜の絨毯が私をせつなくさせるから

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年に一度の桜。今年はどこで、誰と楽しみましたか?

「また桜の季節の思い出がひとつ増えたな」ひらひら舞う桜の花びらを見ながら、そんなことを感じつつ歩く。そんな朝だって、満開の桜と同じく、期間限定。

舞う桜で埋め尽くされた #桜の絨毯 は、満開の頃と同じくらい美しい。いや、ましてや、儚さ的にはもっとかも。

桜の絨毯の上で撮る写真は、今だけのものです。

通勤途中にパチリ

A photo posted by @y.soytea on Mar 20, 2016 at 6:51pm PDT

慌ただしい通勤途中にも、パッと下を見ると現れる。ちょっとほっこりした気持ちになります。

A photo posted by ayumi (@ayu1206) on Apr 1, 2016 at 10:00pm PDT

トレンドの靴を履いてれば「あの時流行ったよね」なんて、見返したときに盛り上がりそう。

ぎっしり敷き詰められた場所で

A photo posted by kiyomi medeiros (@kiyomimedeiros) on Apr 8, 2016 at 8:25am PDT

時間に少しでも余裕があるなら、桜の木の真下など、まさに桜の絨毯 になっている場所で。

A photo posted by Mikiko Kagami (@miki_1103) on Apr 7, 2016 at 7:11pm PDT

オフなら、スニーカースタイルで、公園まで出向いてみよう。

雨の日もまた良し

A photo posted by shihotakechi (@shiho_takechi) on Apr 6, 2016 at 9:40pm PDT

雨の日。桜が散っちゃう…とせつなくなりますが、その風情を感じてみて。

友達と、カレと。

A photo posted by @konkonty on Apr 5, 2015 at 6:52am PDT

友だちとリンクコンバースにて撮る1枚は、記念に残るものになりそう。

A photo posted by Rémy (@xxremileyxx) on Apr 8, 2016 at 12:03am PDT

桜デートの思い出に。顔を写さないぶん、いろいろなことが蘇ってきそう。

満開の桜を楽しんだ先週は上を見上げていたけれど、今週は下を向くことで美しさに出合える。桜のそんなところも好きです。

「上を向いて歩こう」とはよくいうけれど、そんなに毎日上を向いてもいられない…。そんな私たちのリアルを、桜はまるで、知っているかのよう。

top image via Shutterstock

■ あわせて読みたい

・食が多忙女子を助ける。まずはコーシャフードを意識してみる
・仕事に夢中になりたい人へ。4月12日のラッキーフードは?
・タラレバを卒業するきっかけは、食事にあった #東京タラレバ娘
・お肉にも 恋にも火がつく バーベキュー
・ひま過ぎる夜は、家でフットネイルをするに限る
・彼に何センチ近づきたい? 宮崎あおいさんに聞いた上手な甘え方
・ダサいインテリアの部屋では暮らせない。でも、結婚したい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP