ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蛭子能収 主演『任侠野郎』ポスタービジュアル解禁「このエビス凶暴につきって、なんかパクリみたいでいやだなぁ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
蛭子能収 主演『任侠野郎』ポスタービジュアル解禁「このエビス凶暴につきって、なんかパクリみたいでいやだなぁ」

 6月4日より全国順次公開される蛭子能収の主演映画『任侠野郎』。本作のポスターが解禁となった。

蛭子能収『任侠野郎』写真など

 この作品は、日本テレビ放送網と吉本興業が共同制作。男女問わず幅広い世代から人気を集める漫画家/俳優の蛭子能収が、長編映画初主演を務める。役どころは、かつて関東一円に名を響かせた元若頭・柴田源治(主人公)。過去と決別しようとするが、義理と人情が絡んで次第にヤクザ同士の争いに巻き込まれてしまう。男としての意地を貫いたその先に待つものとは……。蛭子能収の男気溢れる、ビジュアルまでもがカッコいい、かつて見たことがないほどの迫真の演技は必見。

 そして柳楽優弥、トリンドル玲奈、安田顕、大谷亮介、中尾明慶、やべきょうすけ、橋本マナミ、北原里英(NGT48)、大悟(千鳥)、橘ケンチ(EXILE)、佐藤二朗ら超豪華個性派キャスト陣も一堂に会したポスターが完成。以下、蛭子能収のコメント。

◎蛭子能収コメント
なんかはずかしいですね。。
しかも、このエビス凶暴につきって、なんかパクリみたいでいやだなぁ。
お客さんこれで入ってくれるかなぁ

(C)2016『任侠野郎』製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

蛭子能収『任侠野郎』長編映画初主演&挿入歌担当「高倉健さんみたいな役ですが、自分でうまくできたとは思っていません」
蛭子能収の天然にヒヤヒヤ! 人気バラエティー初映画化
EXILE ATSUSHIの「いつかきっと…」、映画『シビル・ウォー』の日本版イメージソングに決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。