体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カーレビュー】輸入車の良さは所有してはじめて分かるかも 国産車から乗り換えた体験記

pi-001

日本のクルマは世界一の品質であることは誰もが認めるところです。筆者も含めて移動手段としてクルマを所有するのであれば、一番近くにある国産車の販売店に行って一番安い物を買っても間違いありません。 
ただ、一方で街中には輸入車の販売店も多く見かけます。国産で良いものがそろっているのに、一ヶ月以上の船便で届けられ、価格も国産の同クラスと比べると倍程度です。品質も正直国産車より悪く故障も多いと言われるのに、販売店が無くなる気配はありません。

今回、筆者のクルマが10年で走ると異音がしたので、次のクルマをまだ乗ったことが無いが憧れていた輸入車にする事にしました。試乗から手にするまでの話です。

輸入車の質感は良いです

購入するに当たって、クルマの大きさは変えないと決めました。せっかくだから大きなものと考えそうですが、普段の取り回しを考えてコンパクトカークラス(Bセグメント程度)の物を中心にディーラーを巡ります。各社、見た感じは高級な作りで特に注文装備を付けなくても乗れそうな作りです。
ただ、スマートキーやLEDライトなどの国産車だと普通に付いているハイテク装備が別売りだったりします。コンパクトカーだと、スマートキーが8万程度、LEDヘッドライトが15万円程度と苦しい出費です。メーカーによってはナビやETCユニットが別売りで、そろえると30万円の追加です。

高級輸入車というと誰もがまず口にするあの二社は、一番安いものだと鉄ホイールであったりします。最低価格は安いですが、実質上はあの価格での購入は厳しいと思います。

pi-011

スイッチ類の作りはしっかりしています。押した感触などは最高で無意味に動かしたくなります。

高くて全部入っているか、安いけど全部入れると高くなるかどちらかです

最終的に高級感があり小型な『mini(ミニ)』に絞り込みましたが、それでもグレードが三種類あります。基本的な質感は変わらないですが、エンジンの大きさが三種類です。当然一番安いものはエンジンが小さいですが、それ以外のものが付いていません。スチールホイール仕様で、フロアマット、LEDヘッドライト、ナビ、ETCなどが別売りで、追加すると、上位グレードを抜いてしまう勢いです。こうすると、エンジンの大きさに興味が無くても、欲しい装備が付いている最上位グレードを買ってしまいたくなります。

pi-007

最上位グレードの『クーパーS』にはアロイホイール(軽合金ホイール、いわゆるアルミホイールのこと)、ナビ、ETCユニット、LEDライトなどが標準装備です。 下のグレードでナビを追加で20万円程度、ETCユニットで6万円程度、LEDヘッドライトが約12万円です。

三ヶ月待ちました

国産車だと、注文して数日で納車されますが、輸入車の場合は注文を受けてから現地工場で作るため船で運ぶ日数と合わせて3ヶ月程度必要です。筆者の場合はイギリスから日本までの直行便に積載されたため2ヶ月半程度での納車でした。これは長いです。やることといったらカタログでも読んで気を紛らわす事しか無いです。最初は嬉しかったですが、待っているうちにわくわくする感じは薄れてきます。でも、「一週間で納車!」との連絡で気分は高揚しました。

ちなみに普通に買いそうな装備であれば半月程度とも言われました。あらかじめ売れ筋の組み合わせを先行発注しておき納車するという方法です。

pi-009

実は遅くなった原因は筆者がMT仕様を選んだためです。ATなら早かったと聞きます。なぜ、MTを選んだのかは、走りたい……15万円程度安くなるためです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。