ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いいよねっと、Garminのランナー向けGPSウォッチ最新モデル「ForeAthlete235J」を4月21日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
いよねっとは 4 月 12 日、Garmin のランナー向け GPS ウォッチの最新モデル「ForeAthlete 235J」の国内発売を発表しました。ForeAthlete 235J は 4 月 21 日に発売されます。ForeAthlete 235J は、昨年 10 月に海外で発表された「ForeRunner 235」の日本仕様版で、GPS ウォッチとしてだけではなく、アクティビティトラッカーとして機能し、さらにスマートフォンとも連携します。また、本体の背面に光学式の心拍センサーが追加され、胸ベルト無しでもランニング中の心拍数を計測することが可能になりました。胸ベルトはペースが速くなるに連れてズレ落ちやすくなるので、心拍数を重要視するアスリートレベルの方の悩みの種でした。ForeAthlete 235J ではこれが不要になっています。Garmin といえば古くから高性能な GPS チップを搭載しているところが特徴です。ForeAthlere 235J の場合、GPS や GLONASS に加えて、日本の準天頂人工衛星「みちびき」(QNZZ)、MSAS / WAAS / EGNOS の補正信号を受信するので、従来モデルから測位スピードと精度の向上を期待できます。「みちびき」の捕捉が可能な場合、位置の誤差は 1 ~ 5m 程度にまで減少します。ForeAthlete 235J のディスプレイは 215 × 180 ピクセルのカラー液晶を採用しており、50m 防水にも対応。タッチパネルは付いておらず、操作は従来どおり本体上のボタンで行います。機能面では、Garmin Connect でデータを管理することはもちろん、スマートフォンとの Bluetooth 接続でスマートフォンの着信や通知を確認したり、音楽プレイヤーを操作することができます。また、ForeAthlete 235J では「オーディオアラート機能」が追加されており、スマートフォンに接続したイヤホンや Bluetooth ヘッドセットで走行ペースや距離などのトラッキングデータを声で通知します。このほか、Connect IQ にも対応しており、アプリやウォッチフェイス、ウィジェット、データフィールドをダウンロードすることができます。ForeAthlete 235J のカラバリは、レッド、オレンジ、グリーンの 3 色で、価格は 36,800 円 + 税です。Source : ForeAthlete235J

■関連記事
Meizu Pro 6のAntutuスコアが発表直前にして明らかになる
グラットアンドソーレス、Facebookと連携して実名でアプリ情報を共有できるアプリ「meetApps」をリリース
PFU、Bluetooth対応でスマートフォンやタブレットでも利用できる「Happy Hacking Keyboard Professional BT」を4月25日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。