ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7年ぶりに宮中祭祀の雅子さま 戸惑いを抱いた理由は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 雅子さまは4月3日、皇居・宮中三殿で7年ぶりに宮中祭祀に臨まれた。

「4月3日は初代天皇である神武天皇の命日で、毎年、その御霊に祈りを捧げる儀式・神武天皇祭が宮中三殿で行われます。今年は没後2600年と節目の特別な年にあたり、天皇皇后両陛下は奈良県の神武天皇陵まで赴かれました。そのため、例年は両陛下が務められる拝礼を、皇太子ご夫妻が名代として果たされたのです。神武天皇祭は、年間およそ20ある宮中祭祀の中でも大変重要なもの。その祭祀に雅子さまがお出ましになったというのは大きな意味合いを持つのです」(皇室記者)

 宮中祭祀とは、天照大神が祀られている賢所、歴代天皇・皇族が祀られている皇霊殿、神殿からなる宮中三殿で行われる祭儀のことだ。

「宮中祭祀で祈るのは、端的にいえば国家の安寧、国民の幸せ、世界の平和ということに尽きます。国民とともにある皇室を願われる両陛下は、宮中祭祀を最も重要な私的なお務めと位置づけられ、決して休んだり、疎かにしないという姿勢を貫いてこられました」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

 ところが、雅子さまは、皇室に嫁がれて以来、宮中祭祀に消極的だとされてきた。

「海外での生活が長く、帰国子女でキャリアウーマンという経歴の雅子さまにとって、宮中祭祀という“神事”はなかなか理解することが難しいといわれてきました」(宮内庁関係者)

 実際、雅子さまが宮中祭祀に臨まれたのは、最近では2009年1月の昭和天皇二十年式年祭。その前は、2003年9月の秋季皇霊祭・秋季神殿祭にまで遡る。ここまで大きな“距離”ができてしまった理由を、単に雅子さまが神事になじめないということだけで片付けることはできないだろう。

「理由の1つとして考えられるのは、宮中祭祀に『潔斎(けつさい)』が伴うことです」(前出・宮内庁関係者)

『潔斎』とは何か。宮中祭祀を司る掌典職として、57年もの長きにわたって皇室に仕えた高谷朝子さんの著書『宮中賢所物語』(ビジネス社刊)に、潔斎についての記述がある。まとめるとこうだ。

 宮中祭祀に臨むときには、起床後すぐに歯を磨いて口を清めたあと、半畳ほどのござを敷き、この上に座って両手と片肌を脱ぎ、直径約40cmほどのたらいのお湯で顔、腕、襟回りを洗い清める。そして髪を結い上げ整えた後、湯殿にて、座って下半身を清めてから、桶の湯を柄杓で肩からかけて、体全体を清める。その後、着替えの間に移動し、古式の衣装を着用する──。

 これは女官の潔斎についてだが、宮中祭祀にあたっては雅子さまも同様に清められる手順を行うようだ。

「こうした潔斎を、雅子さまは女官に全身をさらし、女官の手によって受けるといいます。複雑な手順を遵守するだけでも療養中の雅子さまにとってはかなりのご負担だったに違いありませんが、それを他人の手によって受けるというのは、精神的にも大変な面はあったことでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 さらに、雅子さまを悩ませた慣例があった。

「宮中では生理を、御所ことばで“まけ”といいます。この“まけ”の際には、血の穢れという概念から、宮中祭祀にはかかわってはいけないといわれているのです。雅子さまは皇室に嫁がれて以来、頻繁に生理のチェックをされたことをかなりご負担にお感じになっていたようで、それが巡って、宮中祭祀への見えない隔たりとなってしまったと聞きます」(前出・宮内庁関係者)

 こうした“事前準備”が済み、雅子さまは『五衣』『小袿』『長袴』という古式ゆかしい装束に身を包まれる。着慣れない格好に、髪をおすべらかしに結い上げる肉体的な負担もさることながら、緊張と不安を増幅させるのが、宮中三殿の持つ独特な雰囲気だという。

「皇居の中でも奥まった場所に位置し、周囲を木々で囲まれた宮中三殿には、皇居周辺道路の音などもほとんど届きません。ただでさえ霊験あらたかな上、時が止まったような静けさに包まれるのです。聞こえるのは衣擦れの音だけ。そんな静寂への戸惑いやプレッシャーも、雅子さまにはおありになったのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
年末年始の雅子様に変化 愛子様と外出控え宮中祭祀積極的に
皇太子殿下 天皇陛下の宮中祭祀取組みを引き継ぐ決意との声
皇太子さまへのご退位提言に「一刻も早い方が」と賛同する人も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP