ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京五輪競技場めぐり江東区vs大田区「領土紛争」激化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2020年の東京五輪を前に、バトルが起こっているのは国立競技場の建設問題だけではない。五輪をきっかけに、東京23区内の「領土紛争」が激化しているのだ。

 争っているのは東京都の江東区と大田区。問題の島の名は「中央防波堤埋立地」という。両区の中間に位置するこの島は、もともと廃棄物処分場として1973年に埋め立てが始まり、長らく帰属未定だった。ところが近年、コンテナ輸送として利用価値が高まったことから、両区の「領有権争い」に発展した。

 本誌は過去にもその紛争を取り上げてきたが、その対立がピークに達している。この島が東京五輪のボートとカヌーの競技予定地に選ばれ、両区にとって「生命線」というべき領土となったからだ。

 先手を打ったのは、江東区だった。広報紙『こうとう区報』(2015年8月21日発行)の1面で「2020年東京オリンピック競技会場決定」と報じて江東区内で会場になる場所を紹介しているが、〈中央防波堤埋立地は江東区に含めています〉と記載し、ボートとカヌー、そして馬術を江東区で開催される競技に含めたのだ。

 それから半年ほど冷戦状態が続いていた今年3月8日、大田区の松原忠義区長が自ら江東区役所に出向いて山崎孝明・江東区長を訪問し電撃会談が実現。「東京五輪までに帰属問題を解決するために協議しよう」という“歴史的合意”を取りつけた……かに思われた。

 それからわずか2週間後、今度は大田区が3月25日に行なわれた区議会本会議で、「大田区への全島帰属」を求める決議を全会一致で採択したのだ。

 トップ会談を袖にされた格好の江東区・山崎区長は、その後の区議会で、「区長同士の合意を破るものだ」と憤慨した。区議会も「向こうは区長と区議会が全く逆の動きをしていて理解に苦しむ。江東区長は大田区議会に舐められているのでは?」(区議会議員の米沢和裕氏)とヒートアップ。

 一方の大田区も「区議会の採択は全島帰属させるという“意思表明”でしょう。今後は4月以降の協議の進展次第です」(政策研究担当課長)と受けて立つ構えだ。

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
江東区HPに「中央防波堤埋立地は江東区固有の領土」との声
江東区と大田区に羽田沖の埋め立て地巡る「領有権争い」勃発
区議会デビューの「筆談ホステス」 IT活用で一般質問に意欲

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP