ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今年は5月8日】「やっぱりお花?」「それともスイーツ?」お母さんに日頃の感謝を込めて贈ろう。注目のワザありギフト<フラワーギフト編>

DATE:
  • ガジェット通信を≫


今年はゴールデンウィークの最終日が母の日。何か気の利いたものを贈りたいけれど、バタバタしている間に連休に入ってしまった、なんてことにならないよう早めに準備しておきたい。まずは、“こだわりの”フラワーギフトから。

1.【無印良品】「母の日の花」
定番のカーネーションやバラを使ったフラワーアレンジ、成長が楽しみなクレマチスやあじさいの鉢植えなど品揃え豊富な無印良品の花。店頭のほか、無印良品ネットストア(http://www.muji.net/store/)でも予約可能。ネット限定商品も。

 


2.【MoMA DESIGN STORE】「MoMA ウォーホル 母の日アレンジメント」
ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ「MoMA DESIGN STORE」が、「青山フラワーマーケット」とコラボレーションした母の日限定のフラワーアレンジメントとバッグのセット。赤いカーネーションに、お母さんへのオマージュを表現したミニトマトアレンジ。ウォーホルの作品が施されたバケツ型のミニバッグは、カトラリーや小物入れとして使用できる。オンラインショップ(https://www.momastore.jp/)にて4月27日(水)まで予約受け付け中のほか、4月21日(水)から5月11日(水)まで「MoMA DESIGN STORE 表参道」でも販売。税抜価格3600円 (税抜本体価格3050円+送料550円)

 


3.【マイペリドット】「マイペットフラワーtrio(トリオ)」
ペット好きのママに贈りたいのが、動物のお花屋さん「マイペリドット」の新作。飼い主とペット2匹をひとつの作品に入れることができる、世界でもユニークな「お花で描く似顔絵」。プリザーブドフラワーを一輪ずつ配置して手作りしたアレンジメントで、水やりなどの手間なしで、3年以上楽しむことができる。注文日から通常およそ2週間で完成・お届けだが、5/8の母の日用の締め切りは、4/12前後の予定とのこと。価格は税別3万3000円。好みに合わせて他にもさまざまなパターンが可能なので、気になったら早速チェックしてみて。(http://www.rakuten.ne.jp/gold/myperidot/)

 


4.【フェリシモ】「しあわせを贈る母の日 花ギフト100」
約100種類の豊富なバリエーションから選びたいならココ。ありきたりではない種類の花で、手間ひまかけて作られたこだわりのブーケやアレンジメント、めずらしい鉢植え、インテリアグリーンなどのラインナップの中から選択可能。育てるのに手間のかからない多肉植物や、収穫が楽しみなフルーツの木なども。大好きなお母さんへの、ぴったりのプレゼントが見つけられそう。(http://www.felissimo.co.jp/s/pr16040502/1/)

 


5.【サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター】
男性をターゲットにした、ハイクラス向けフラワーショップである「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」が提案する、母の日用のアレンジメントは10種類。母の日を象徴するカーネーションを黒のスタイリッシュなボックスにふんだんに盛り込んだアレンジメントや、ダイヤモンドをイメージしたプリザーブドフラワー、メイソンジャーサラダをモチーフにしたカラフルなアレンジメントなど、どれもセンスが際立つ仕上がりになっている。全国各地の店舗の他、オンラインストア(http://www.saintjordiflowers.com/)で、5月5日(木)20時まで予約受け付け中。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP