体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急、初の冠バラエティ『超特急の撮れ高足りてますか?』収録スタート!

4月18日(月曜午後11:30~深夜24:00)からフジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmartで放送(サイマル配信)が開始する超特急の冠バラエティ『超特急の撮れ高足りてますか?』の収録が、東京・台場にて行なわれた。
『超特急の撮れ高足りてますか?』収録 (okmusic UP's)
『超特急の撮れ高足りてますか?』は、2015年にブレイクを果たし、歌番組はもちろん、バラエティやドラマ、時にはスポーツやニュース番組とさらなる活躍を願う超特急の7人が、各ジャンルの有名番組からいつオファーが来てもいいように芸能界で活躍する先輩たちからテレビスターとしての大事なスキルを各局で放送中の人気番組を教科書に学んでいくという設定。さらに、番組の最後ではスタジオライブを披露。屈指のダンスフォーメーションとパフォーマンスを誇る超特急の真骨頂も堪能できる。

今回収録したのは、4月18日放送「お部屋系トークバラエティを予習!」と4月30日放送「ゲストたくさん系生放送音楽番組を予習!」のトーク部分とスタジオライブ。トーク部分では、ゲストに大先輩である井上裕介(NON STYLE)を迎えて展開。井上が超特急を売り出すマネージャー役という設定で、業界のルールと生き抜くスキルを徹底指導。初めての冠番組とあって緊張を隠せないメンバーだったが、井上の容赦ないダメ出しと的確なアドバイスで少しずつコツをつかんでいく。全力で挑む超特急、番組を通して成長していく姿から目が離せない。

【メンバーよりコメント】
■1号車コーイチ

Q.初冠番組について

7人でいろんな番組のオマージュができて、ほんとに出演したような気持になれるので、全力で行きます。

Q.収録を終えた感想

はじめての形のバラエティでドキドキでしたが、とても楽しく収録させていただきました!! この番組を通して超特急、テレビスターになります!!

Q.会いたいテレビスター

笑福亭鶴瓶さん。

大好きです。番組を見ていて笑顔になります。

■2号車カイ

Q.初冠番組について

どこに出ても恥ずかしくないよう、他の番組に臨むスキルを身につけて頑張りたいです。

Q.収録を終えた感想

まだまだ未熟な超特急ですが、より上のステージへ進むためにたくさん学んでいきたいと思います。バラエティとパフォーマンスのギャップにも注目してください。

Q.会いたいテレビスター

バナナマンさん。

大好き!! 夜な夜なDVDを見ています。会いたいです。

■3号車リョウガ

Q.初冠番組について

何にでも化けられる機会でもあるので、結果として残すことができるように頑張りたい。1回目のゲストで、井上さんもいらっしゃるのでお力お借りしたいです。

Q.収録を終えた感想

次の収録も笑い疲れると思うと楽しみで仕方がないです。こんなに豪華な環境で僕たちはなんて恵まれているのだろうと感激しております! 色々なことを吸収して初の冠番組として輝かしい功績を残したいと思います!!

Q.会いたいテレビスター

マツコ・デラックスさん。

説得力のある方です。

■4号車タクヤ

Q.初冠番組について

ゼロからいろんなものを吸収して成長したいです。

Q.収録を終えた感想

初回収録、率直にとても楽しかったです。改めてこの世界で生きていくのは大変なんだと痛感しました(笑)。井上さんの凄さに圧倒された日でした。これから僕たちも負けないように、必死に食らいついていきたいです

Q.会いたいテレビスター

くりぃむしちゅーさん。

何でもできる印象があるのでお会いしたいです。

■5号車ユーキ

Q.初冠番組について

未体験のいろんなことに全力でぶつかって、今後に生かせるようにしたいです。

Q.収録を終えた感想

超特急の為だけにセットを組んでいただいて、テレビとしては初めてのフルサイズでパフォーマンスができたことが感無量でした。NON STYLE井上さんを迎えての収録は、初めはとても緊張していたんですが、井上さんが先導してくださり、失敗を恐れずにチャレンジして、終始楽しい収録になりました! この番組を通して、どんな番組に出ても胸を張って「超特急」の魅力を全開に伝えていけるようになりたいです!

Q.会いたいテレビスター

明石家さんまさん。

偉大なる方なのでお会いできるように頑張りたいです。

■6号車ユースケ

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。