ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂東眞理子氏 夫との関係はつかず離れず、ときには別行動を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈断捨離が流行り、終活という言葉が世を席巻しているが、その前に、今、このときをより豊かに暮らしたいと望む女性がいて、愛情も物質も地位も名誉もほしがったとしても、誰が非難出来るだろうか〉

 ノンフィクション作家・工藤美代子さんは、話題の新著『後妻白書 幸せをさがす女たち』で「後妻という生き方」を選んだ女性たちに、そうエールを送った。翻って私たちは、来たる老後にどんなイメージを持っているだろう。ただ楽観するのでも、ましてや悲観するのでもなく、不確定要素が多いことを覚悟しながら、それでも上を向いて、明るく幸せな未来を描きたい。ベストセラーとなった『女性の品格』(PHP新書)の著者で、昭和女子大学学長の坂東眞理子さんが、女の老後について語る。

 * * *
 40代の頃は、70になったら社会生活から引退し、家族とも離れて出家する生活がカッコいいと思っていました。

 でも、いざその年が近づくと、それはできないと痛感しています。やはり人とかかわっていたいし、家族とも愛情を持った関係は続けていたいんです。

 とはいえ、距離が近すぎるのも考え物。私にはワーキングマザーの娘が2人いて、どちらも子供が急病になったときなど「今日、面倒見てくれない?」と当然のように言ってくるんです。

 こちらも気兼ねなく「今日は用があるから無理よ」と断れるからいいものの、実の親子、それも女同士だと、よくも悪くもお互い遠慮がなく、それが摩擦のもとになりかねません。

 ですから、娘たちとは月に数回夕飯を共にするくらいにして、無理をしないようにしています。もし自分が介護を受ける立場になっても、家族ではなくしかるべき専門家に頼ろうと決めています。

 夫との関係もつかず離れずがいちばん。よく、定年後、夫との距離の取り方が難しいという声を聞きますが、週に1、2回は夕飯を別に取る日があってもいいんじゃないでしょうか。ぜひ、別行動を取ってみてください。

 その時に大事なのは、ひとりを楽しめる能力と、自分から働きかける能力です。これは熟年離婚をしたかたにも言いたい。

 例えば、誰かのファンになって、一方的に応援し続けるもよし、地域のイベントに参加してみるもよし。そして、誰かを誘って断られても、めげずにまた声をかけてみる。でないと、どんどん孤立してしまいますよ。

 仕事をするのも、有用感を持てるのでぜひお勧めしたい。何かやりたいことができると、老後はむしろひとりのほうが楽しいんじゃないかしら。
 
※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
上重聡アナ含め松坂大輔と戦った高校球児の10年後を追った書
WBC取材のTBS出水麻衣アナ 笑顔で送る熱視線の先には?
ユーミンが世に影響を与えてきた軌跡を酒井順子が検証した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP