ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青学・原監督が川内の「マラソン語るな」に答える【後編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌は前号(4月15日号)で「最速の市民ランナー」川内優輝(29)が「青学・原監督はマラソンを語るな!」と激白する記事を掲載した。原監督が2月28日の東京マラソン後に、日本勢2位に入った青学大の下田裕太(20)をリオ五輪代表にすべきだとした発言に川内が“待った”をかけたのだ。

「将来性など不確実な要素で五輪選手を選ぶのはどうか。原監督は結果を出した駅伝については語っていいが、マラソンについてはまだ早い」

 これに対し原監督に取材を申し込むと、「川内選手に会ったことはないけど、私は全然怒っていませんよ」(以下「」は原監督の発言)と返答するも、

「駅伝もマラソンも陸上競技の一種なんだから、駅伝監督だからって『何もしゃべるな』というのはおかしな話でしょう」

「私が選手をマラソンに挑戦させたのは、それが従来とは違う取り組みだったからです。(中略)どの世界でも今の常識が将来の非常識になるんです」

 と持論を述べた。

「古い常識」に否定的な原監督は、今の日本マラソン界の現状に厳しい視線を向ける。

「マラソン全盛期といわれた瀬古さん、宗兄弟の時代から30年も経っているのに、タイムは伸びていません。日本記録保持者の高岡(寿成)くんの記録がいまだに破られていない。

 日本のマラソンは停滞している、止まっているわけ。そのなかに我々の取り組みがあり、学生が若くしてマラソンにチャレンジする流れを作ったという点で、今回は停滞する日本のマラソンに一石を投じられた。それは成功だったんじゃないかと思います」

 自らが動くことで「日本のマラソンを変えなければならない」という強い思いが伝わってくる。

「今後も学生がマラソンにチャレンジできる流れを作りたい。来年の世界陸上の選考に向けて我々もチャレンジしていきます。東京マラソンでは、現役の青学選手や卒業生が実業団の選手と十分に戦いました。

 若い世代がマラソンに挑戦できる流れを作ることが、『チーム・ジャパン』としての第一歩じゃないでしょうか」

 再び川内発言について水を向けると、こんな仰天プランを口にした。

「川内選手は青学の合同練習に参加してもらって構いませんよ。その時は1人の陸上監督としてアドバイスさせていただきます。彼もチーム・ジャパンの候補でしょうから。

 結局、1人の考えでは偏りが出るし、いろんな考えが出ることでチーム・ジャパンは世界と戦えるようになります。相手は世界だから、身内同士で戦っても仕方がない。誰もが積極的に意見を述べることでいろんなアイデアが出てくるんです」

 このまま“原改革”が進めば近い将来、青学の選手が五輪に出場するかもしれない。そう告げると、原監督は笑顔を見せた。

「夢はそこですよねぇ。青学の現役、あるいは卒業生のなかから、東京五輪に向けて日の丸を背負う選手が出てくれば、私は嬉しく思います」

 語り終えると、原監督は記者に右手を差し出してガッチリと握手。「カリスマ記者になれよ!」と言い残して、颯爽と車に乗り込んだ。

 川内と原監督、停滞する陸上界に“モノ言う”2人が本誌記事を通して交流を温めてくれることを祈ってます!

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
マラソン川内優輝「青学・原監督がマラソンを語るのは早い」
青学・原監督が川内の「マラソン語るな」に答える【前編】
五輪落選の川内優輝 市民マラソンにゲスト参加で472人と握手

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP