ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あれー? 私の入る余地どーこだ?」 子育てサロンでの”ぽつん体験” by のばら

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長女も生後五か月となり、

私はふと思い立ち、

とある場所に出向いたのでございます。

そう、それは

子育てサロン

(※子育てサロン・・・地域に住む育児中の親が気軽に集い、子供たちを遊ばせたり、親同士仲間づくりや情報交換などの交流ができる場所。)

娘との生活に少し余裕ができて

これから始まる離乳食問題などを

気楽に話し合える戦友(ママ友)を

増やすことが目的でございました。

そもそも人見知りな私なのでございますが

かと言って「一人も気楽で楽しいわ」と胸を張れるほど

自立もできていないチキンでございますので

友達ほしい。が本音なのでございますよ。

ついでに言うと、私の場合

相手から話しかけていただけるような

「良い人オーラ」は生憎持ち合わせておりませんの。

つまりでございますね、

友達ほしけりゃ人見知りなんて言っとる場合じゃない。

自分で動かにゃいかんのです。

さぁ頑張りましょう。

長くなりましたが

そんな訳で、受付を済ませまして、

いざっっ!!

あれーーー?

右を向いても左を向いても

みんな既に数人のグループになり

それはそれは楽しそうに談笑していらっしゃるのでございます。

途中、みんなで行う手遊びや歌があっても

それが終われば

またすぐさま元のグループに分かれ

皆様和気あいあいと過ごすのでございます。

あれー?

私の入る余地どーこだ?

やばい帰りたい。

そんなこと思い始めた時、

私と同じ「入る余地探し」をしていると思われる人物発見。

速攻捕獲

育児について話し合える戦友というより

今この状況を潜り抜ける戦友に巡り会えたのでございました。

その後は子育てサロンからつい足が遠のいてしまい

公園や元からの友達繋がりなんかで

少しずつ輪を広げていった訳でございますが

その子育てサロンの事を友人に話しましたところ

こんな答えが返ってきたのでございます。

今となっては笑い話で

ネタのひとつになっている訳でございますが

当時はモヤモヤとしたものでした。

そもそも子供の為に行っているのですから

子供と向き合いなさいよ!って話かもしれませんが

普段家でさんざん子供と向き合っている訳ですから

そういう場所では自分の話に耳を傾けてくれる

共感してくれる相手と楽しく話したいものでございます。

ですが他のサロンの話を聞くと

友達ができた!悩みを聞いてもらってすっきりした!など、

良い話もたくさん聞く訳でございます。

サロン変われば人変わる。

もし私と同じように

サロンデビューや公園デビューがうまくいかずに

二の足を踏んでしまってる方がいるのであれば

気持ちを切り替えて

別の場所で再デビューしてみてくださいませ。

なんでも話せる未来の友達が

そこで待っているかもしれません。うふふ。

著者:のばら

年齢:31歳

子どもの年齢:4歳・2歳

マイペースな女優園児とツンデレなイヤイヤ期の姉妹の母。

育児絵日記ブログ「キミがお嫁に行くまでは~ムスメ 初級編~」を更新中。鼻唄・足のサイズ・独り言・体の横幅など、全体的に大きくなってる気がするけど気にしないよ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

のばらさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

空のベビーカー、たたむ?たたまない? 半蔵門線の事故について考えた
九段下駅でベビーカー挟まれる。ベビーカーに対する世の中の反応に、2児の母が考えた
児童館以外にもこんなお出かけスポットが!赤ちゃんと行くなら近さ重視が◎

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。