ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。

トラックの荷台が
テントに早変わり!

トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

高さは5ft(1.5m)

トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

足を伸ばしても大丈夫

トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

荷台の後ろにある「あおり」を開いており、奥行きもあります。詰めれば、ふたり寝れそうですね。

車内とも通じる

トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

後部座席の窓から充電ケーブルなどを伸ばせば、充電も可能。
トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

もちろん側面にも。景色を覗けます。気になるのは、悪天候への耐久性ですが…。

防水性・撥水性・通気性も
バツグン!

トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!
トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!
トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

ここがアウトドアグッズとして作られている最大の利点でしょう。荷台シートとは違い、ちゃんと雨風を凌ぎながらも快適に過ごせる環境づくりが整っているようです。

雪にも耐えられる!

トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

※雪の蓄積には耐えられません。
トラックに外付けできる「ドーム型テント」。斬新だけど機能性バツグン!

この「TRUCK TENT」を販売しているのは「Kodiak Canvas」。webサイトによれば、サイズは2種類あり、奥行き約1.8mのものと約2.4mがあります。どちらも価格は366.99ドル(約4万円)。残念ながら、アメリカとカナダのみの配送となっているようですが、Amazonでも取り扱いがある模様。

車で旅行する際の選択肢がグッと広がるかもしれませんね。動画はこちらから。

Licensed material used with permission by Kodiak Canvas

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。