体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4月から始めたい! 夢や目標の達成へ導いてくれる「3分日記」

新年度がスタートしたのを機に、「何か新しいことを始めてみたい」「良い生活習慣を身に付けたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにご紹介したいのが、「日記を書く習慣」です。

「子どもの頃から何度かやったけど続いたためしがない」「忙しくて時間がない」「面倒くさい」「日記を書く意義やメリットがよくわからない」――そんな声が聞こえてきそうです。しかし、今回お勧めする日記は「1日3分」でOK。また、書く項目も決まっているので「何を書こうか」と悩んでしまうこともありません。

そんな日記のメソッドを教えてくださるのは、能力開発の手法として「習慣教育」「掃除道」を指導する今村暁氏。今村氏によると、日記を書く習慣をつけたことで、「店の売り上げがアップした」「学力がぐんぐん伸びた」といった成果を挙げた事例が多数あるそうです。

もちろん、日記による効果を得るためには、ただその日あったことを何となく書くだけではなく、「どんなことを書くか」が重要です。今村氏のアドバイスのポイントをまとめてみました。

f:id:tany_tanimoto:20160408141438j:plain

所要時間は1日3分、書く項目は5つ

日記に書くことは次の5項目です。

【1】目標(長期目標+短期目標)

【2】やりたいこと

【3】今日の出来事と、そのときに感じたこと

【4】今日の感謝

【5】成功法則・学びの言葉

上記のうち、【1】と【2】は朝に1~2分で書き、【3】【4】【5】は夜に2~3分で書きます。いずれの項目も、1~3行程度でOK。例えば、次のような風に記します。

【1】(長期目標)

地元の○○県で著名経営者となり、メディア出演や講演にも招かれている。

(短期目標)

経営の知識を身につけ、30代のうちに起業する。

【2】(やりたいこと)

異業種の人脈を広げ、さまざまな業界の知見を広げる。

【3】(今日の出来事)

締め切り間近の仕事に追われる中、急な仕事を頼まれ、イライラした。しかし、それは自分の段取りの悪さのせいもある。段取り力を磨かなければ。

【4】(今日の感謝)

忙しくて手が回らないとき、山崎さんが手伝ってくれた。

【5】(成功法則・学びの言葉)

何でも自分で抱え込もうとせず、素直に助けを求めることも大切。部長から言われた「できない理由を探すより、できる方法を探せ」

*このうち【1】の「長期目標」については、毎日同じことを書き続けても構いませんし、修正しても構いません。

日記を書くことの「効能」とは

●本当に叶えたい目標や夢が明確になる

【1】の目標を書き、意識し続けることは、それを実現するための大きなエネルギーになります。人は、目の前の仕事をただこなすだけより、そこに「意味・目的」を見い出すことでモチベーションが上がり、思いがけないパワーを発揮できるものです。

また、目標や夢を繰り返し書くことで「思い」が強くなります。「思い」の力は、テクニックやノウハウ以上に、実現への推進力を高めてくれます。

目標や夢を常に意識していれば、世間にあふれている大量の情報の中で、自分に必要な情報がすばやく目に留まり、効率よく入手することも可能に。脳は、意識の焦点が合っているものに対し、とても敏感になるものですので、大切な情報やチャンスを見逃さずキャッチすることができるのです。

●自分のことを知る

その日の出来事や感じた事を振り返ることで、自分の今の力、気質、感情が動かされるツボなどがわかります。「自分」について知ることで、改善・向上させることができます。

「自分は意外とこんなことも得意なんだな」と気付き、「この力を意識して伸ばしてみよう」という目標を立てることができるようになるのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。