ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スズキの普通車はカーマニアをうならせるホンモノ揃い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(54)が、いまや年間販売台数で世界10位、国内でも第3位のスズキの普通車について解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。スズキと聞いて思い浮かべるのは、まず軽自動車だろう。1979年の「アルト47万円」以来、スズキは常に軽自動車業界をけん引してきた。

 しかしスズキにはもうひとつの顔がある。インドを始めとする海外市場における、グローバル・メーカーとしての顔だ。

 年間販売台数は世界第10位。世界のビッグ10である。実は国内でもトヨタ、ホンダに次いで第3位。日産より上だ。鈴木修会長は、かつて「ウチは中小企業」を口癖としていたが、そんなのは大ウソなのである。

 スズキの世界年間販売台数は約300万台に達する。そのうち軽自動車は約60万台。軽は日本国内専用で、海外では1台も売られていない。つまりスズキ車の8割は普通車というのが現実だ。

 日本では、スズキの普通車はややマイナーな存在だが、実はこれが非常にレベルが高い。かつてスズキの海外市場での地位は、日系自動車メーカーの中で最も下の方で、韓国車や東欧車に近い「安物の小型車」と捉えられていたが、現在は完全に「高品質な小型車」である。

 スズキの普通車が大きく変身したのは、2004年に発売された2代目スイフトからだ。初代スイフトは一部軽自動車の部品を流用していたが、2代目はすべてを刷新。走りやデザインなど、すべてがワールドクラスに生まれ変わっていた。初めて乗った時、我々はこれを「オペル(当時スズキの親会社だった米GMのドイツ子会社)の技術に違いない」と誤解したが、実はまったくの自社開発だったのである。

 スズキの軽自動車は非常によくできているが、やはり軽は軽。特に最近のスズキの軽は、恐ろしいほど軽量化に力を入れており、その影響でどこかペナペナ感が否めない。が、同じスズキでも普通車はまるで違う。作りも走りもヨーロッパ車そのものだ。これは仕向け地別にクルマを作り分けているからである。軽は軽く作って燃費を上げることが命だが、普通車では、世界で通用するしっかりした走りを優先している。

 スズキをここまで大きくした鈴木修会長と言えば、思い浮かぶ言葉は「節約」だろうか? 氏はかつて「軽は貧乏人のクルマだ。スポーツカーはいらない」とも仰ったが、スズキの普通車は貧乏人向けどころか、カーマニアをうならせるホンモノ揃いである。

 先日発売されたスズキの新型車イグニスは、まさにホンモノの小型車だ。なによりもスタイルが粋でカッコいい。デザインレベルの高さは世界のトップ級である。車高を数cmかさ上げしたクロスオーバーSUVだけに、イマドキ感も高い。インテリアもシンプルでオシャレ。どこかイタリアの小型車を思わせる。ボディはドイツ車のように堅牢。エンジンはたった1.2リットルだが、低速トルクが太く、実によく走る。

 ちなみにイグニスは「ハイブリッド」を名乗っているが、簡易型で発進を手助けするのみ。本格的なものではない。それでもカタログ燃費は最高で28.8km/リットルを誇る。使い方にもよるが、実燃費でも18km/リットルくらいまで期待できるだろう。

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
【オートサロン2015】スズキ新アルトターボ改と赤ブーツ美女
スズキ大反発の軽自動車増税 規格見直しもありうると専門家
トヨタとスズキ 同じ自動車会社ながら利害が相反する関係

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP