ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BungBungame、10.5インチSuperAMOLEDパネル搭載の薄型軽量タブレット「KALOS 2」を4月14日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾メーカー BungBungame が 「KALOS」 タブレットの後継モデルとなる「KALOS 2」を国内で 4 月 14 日に発売すると発表しました。価格は 54,800 円です(税込み)。KALOS 2 は 10.5 インチ 2,560 x 1,600 ピクセルの Super AMOELD ディスプレイを搭載した大画面モデルで、OS には Android 6.0 を採用しています。また、プロセッサには Galaxy S6 で採用された Exynos 7420 のオクタコアプロセッサが採用されており、ほかにも、3GB RAM(LPDDR4)、64GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、5,800mAh バッテリーを搭載しています。さらに USB 3.1 規格の Type-C も付いています。ワイヤレス機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.1、NFC に対応、IR ブラスタも搭載しています。筐体サイズは 246.6mm x 176mm x 6.4mm。質量は 430g と軽量です。Source : BBG

■関連記事
ビジカ、コンビニプリント対応のAndroid用フォトカード作成アプリ「BiziShot」をリリース
LGが全天球カメラ「LG 360 Cam」のHow to動画を公開、専用ケースはスタンドにもなる模様
サンスター、Androidと連動するスマートハブラシ「G・U・M PLAY」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP