ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

著作権侵害の温床だったロシアのSNS“VKontakte”がワーナーと合意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Facebookのロシア版ともいえるSNS、VKontakte(フコンタクチェ)が、音楽の著作権侵害によって損なわれた経歴を拭い去ろうと、ワーナー・ミュージック・グループ(WMG)との機密の和解契約を取り付けた。先週、VKontakte創立者のパヴェル・デュロイが同社を去り、自身の新しいベンチャー事業で人気のファイル共有サービスを支援する予定だと発表されていた背景もある。

 新契約では、VKontakteはロシアのUnited Media Agency LLCを通して自社のユーザーにWMGの音楽を合法的に提供できるようになる。しかし、VKontakteがずいぶん前に約束した合法音楽サービスはまだ発表になっていない。

 VKontakteのCEO、Boris Dobrodeevはプレスリリースにて、「VKontakteは引き続きレコード会社や他の権利所有者との提携に向けて動いていきます。この動きにおいて今回の契約は重要な節目となり、音楽ファンと権利所有者双方の利益になります」と述べている。

 2年前、ソニー・ミュージックやユニバーサル・ミュージック・グループ、WMGが、当時同サービス上でまん延していた著作権侵害に対して共同訴訟を起こし、5,000万ルーブル(約8,000万円)余りの賠償金を要求していた。しかし、今回の契約によりVKontakteと大手音楽各社との法廷闘争は終結に一歩近づくことになる。

 2015年の夏、ソニーはこの訴訟から手を引きVKontakteと好意的な契約を結んだが、詳細は明らかになっていない。サンクトペテルブルクの裁判所は昨年9月、ユーザーの違法なアップロードを防ぐよう、VKontakteは追加策をとるべきであるとの裁定を下したが、原告側の賠償金は認めなかった。各レーベルは控訴したものの、双方ともこの裁定を勝利とみなした。

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・サイモン 5年ぶりの新作が遂に完成!「サウンド自体がこのアルバムのテーマ」と語る意欲作に
カニエ新作の“イメージ”アルバムを作った日本人がアメリカで紹介される
オバマ大統領が『アメリカン・アイドル』フィナーレで“投票”を促す

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。