ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

御年67歳 井上陽水が通算40公演のツアーを見事完走。『少年時代』の舞台富山で最終公演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年2月より行われたツアー【井上陽水 コンサート2016「UNITED COVER 2」】が4月8日の富山オーバード・ホール公演をもって終了。昨年9月にスタートした【2015「UNITED COVER 2」】から通算すると全40公演を、井上陽水は見事完走した。

 冒頭、「ミスコンテスト」「カナリア」「Make-up Shadow」など大人の妖艶な世界でライブをスタート。最初のトークで「今回のツアーはスタッフと検討に検討を重ねた結果、あえて富山をファイナルとしました。」と冗談まじりに発言すると、会場を埋めたファンからは笑いとともに拍手が巻き起こった。

 日本のトップミュージシャンを従えて、新旧のオリジナル曲を演奏した後、今回のメインタイトルであるアルバム『UNITED COVER2』収録曲より「シルエット・ロマンス」(オリジナル:大橋順子)、「リンゴ」(オリジナル:吉田拓郎)、「夢であいましょう」(オリジナル:坂本スミ子)のカバーを披露。吉田拓郎との笑ってしまうようなエピソードや、バラエティー番組『夢であいましょう』など、テレビに夢中になった幼少時代の自身の思い出などを語った。

 そして、NHK『ブラタモリ』のテーマ曲「女神」「瞬き」はもはや井上陽水の新たな代表曲ともいう位、会場を盛り上げ、コンサート終盤には日本人すべての琴線に触れる国民的名曲「少年時代」も披露。同曲は富山を舞台にした映画『少年時代』の主題歌だが、本人はそんなことにも触れ、ツアーファイナルの夜は「少年時代」でまさにスペシャルなコンサートとなった。

 その後、「氷の世界」と「勝者としてのペガサス」を歌い上げ、本編が終了。大歓声のアンコールに応え、再び登場した陽水は「カニ好きを代表してこの曲を歌います。」と「渚にまつわるエトセトラ」を歌うと、会場も一体となって「カニ食べ行こう」の大合唱。引き続き「夢の中へ」で会場は最高潮となったが、最後はこれもまた大名曲「夏の終りのハーモニー」でしっとりと締めくくった。

 井上陽水、御年67歳。いまだ精力的にツアーをこなしながら、パフォーマンスは達人の域だ。軽妙洒脱なトークも含め、日本音楽シーン、孤高・唯一無二の存在である彼の姿は、3月にリリースされたブルーレイ&DVD『井上陽水コンサート2015 UC2』でチェックしてほしい。

 また、ファイナルの打ち上げ、富山の夜にはおいしいカニを食べたに違いない井上陽水。ツアーの最終公演が富山になったのは少年時代が生んだ必然か、それともただの偶然か、それともカニを食べるためか、それは誰にもわからない。

関連記事リンク(外部サイト)

井上陽水「後ろ向きな曲から、前向きな曲まで・・」NHKホール公演に降り注がれる喝采
中田ヤスタカ、kz、tofubeats、banvoxが贈る最新型ライブ&パーティ開催決定
フジファブリックの新曲MV公開 TVアニメ『マギ シンドバッドの冒険』絵柄のCDジャケットも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP