体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪を遊び倒そう!おすすめ観光スポット情報

Photo credit: Akira Nakayama「歯車を回す旅~滋賀・大阪・伊勢~」

Photo credit: Akira Nakayama「歯車を回す旅~滋賀・大阪・伊勢~」

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
独自の文化が発展してきた大阪は他の地域とは違った面白い観光スポットがたくさんあります。大阪の歴史を感じられる場所や最新のエンターテイメント施設など何日いても遊び尽くせません!
今回は有名な観光スポットから穴場スポットまで一挙に紹介したいと思います。この記事で気になるスポットを見つけてもらえたら嬉しいです。

大阪について

西日本最大の都市である大阪市は関西の経済と文化の中心になっています。江戸時代以前は「大坂」と表記されるのが一般的でしたが、漢字を分解すると「土に反る」や「士が反する」と読めることから明治時代頃「大阪」に変わりました。
1923年に起きた関東大震災で被害を受けた人の多くが大阪に移住したことで人口は急速に増加しました。さらに1925年に行われた周辺町村の合併によって首都の東京市を人口で追い抜き、当時は世界でも6番目、日本では最も人口の多い都市となりました。
しかし、その後の東京の復興により再び東京が栄え、2015年現在では東京、神奈川に次ぐ3番目の人口数となっています。
西日本の中心都市として発展してきた大阪には独自の文化が数多くあります。大阪の方言である「大阪弁」は日本で最も有名な方言の1つと言えます。
江戸時代の大阪は日本全国の様々な食材が集まることから「天下の台所」と呼ばれていました。今では全国的に有名になっている食べ物の中には大阪が発祥のものが多数あります。しゃぶしゃぶ、うどんすき、たこ焼き、串かつなどはその代表です。
また商業の町である大阪は商人同士の円滑で角の立たないコミュニケーションが必要だったため、話術が発達し落語や漫才といったお笑い文化が生まれたのではないかと言われています。

1. 大阪城

Photo credit: Yume「大阪の旅」

Photo credit: Yume「大阪の旅」

大阪城は年間100万人以上の来場者が訪れる人気の観光スポットです。1583年に豊臣秀吉によって本願寺跡地に建造され始めました。豊臣秀吉は権力の象徴として早期の完成を求めていたので、開始からわずか1年半の短期間で本丸を完成させました。
本丸が完成したあとも15年間建造を続け、難攻不落の城を築き上げていきました。しかし1615年の大阪夏の陣で豊臣秀吉の滅亡とともに天守閣は焼失してしまいました。
1665年に徳川家によって再建されましたが落雷によって焼失してしまい、1931年当時の関市長の呼びかけで集まった寄付約150万円(現在の約750億円相当)によって現在の大阪城が再建されました。
金箔でトラの飾りを施した黒漆喰の壁、金箔瓦、千鳥破風が並ぶ5重層の屋根など豪華な造りが特徴の城です。
現在城内は博物館になっていて大阪城の歴史、豊臣秀吉の生涯の資料、大阪城のミニチュア模型などを見ることができます。8階は展望台になっていて、城内から見渡す景色は絶景です!

大阪城
住所:大阪府大阪市中央区大阪城1-1
電話番号:06-6941-3044
アクセス:森ノ宮駅から徒歩約10分
営業日時:9:00~17:00
定休日:12月28日~1月1日
料金:一般 600円、中学生以下 無料
ホームページ:http://www.osakacastle.net/

2. ユニバーサルスタジオジャパン

Photo credit: Yuuki Kubota「USJに2日!大阪旅行!」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。