体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コロッとだまされる”B層”が大多数の日本 森永卓郎「戦争に行っちゃう可能性もある」

自身は「C層かD層に分類される」という森永卓郎氏

 経済評論家の森永卓郎氏は2011年9月29日、ニコニコ生放送に出演し、いわゆる「B層」によって成り立っている現在の日本の社会について、1929年に濱口雄幸内閣が発足した当時の状況を例に挙げ、「これを突き進めていくと、戦争に行っちゃうかも知れない」と語った。

 「B層」とは、国民を、IQと構造改革への関心によって分類した項目の1つ。この分類法は小泉純一郎内閣当時、内閣府から依頼された宣伝会社が作ったもので、国民を「A」から「D」の4つの層に分類する。「A層」はIQが比較的高く構造改革にも関心の高い層で、政治家や有識者、大手メディアの人間など社会的地位も高い立場にある層だ。「B層」は構造改革に関心があるものの、比較的IQの低い層で、主婦や若者といったいわゆる”大衆”をいう。「C層」はIQは比較的高いが構造改革には慎重であり、「D層」はIQも構造改革への関心も低い層だ。

 このなかで「B層」は、小泉内閣が行った構造改革の支持母体であり、民主党への政権交代の支持母体であり、現在の野田佳彦政権の支持母体でもあるとされる。具体的な政策よりも人気によって政治家を支持する傾向にあるB層は数も多いため、「日本社会を動かしている」という。

 だが森永氏は、「B層」は「コロッとだまされる」ために「A層が幸せになるためになるための踏み台になっている」と指摘する。「A層は、アメリカ・財界・官僚を叩くふりをして実は守っている守旧派」で、実質的に「B層」を思い通りに動かしているというのだ。この点については、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』の著者・適菜収氏も、「B層」は「『改革』というフレーズに踊らされてしまう」とし、「B層を狙ったコンテンツは儲かる」状況があると語る。

 こうした状況について森永氏は、かつて大衆から絶大な支持を得た濱口雄幸内閣を例に挙げ、「国民の圧倒的支持を得た濱口内閣は、金融引き締め政策を行い、結果的に昭和恐慌を招いた。失業率は20%を越え、農産物価格は暴落して、大学生に仕事がなくなり、結果的に日本が戦争に走っていく1つの原因となった」と語り、同様にA層に踊らされるB層が多数を占める現状の日本ついて、

「もしかすると戦争に行っちゃうかも知れないですね。これを突き進めていくと」

と警鐘を鳴らした。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 森永氏「突き進めば、戦争に行っちゃう」発言から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv65376765?po=news&ref=news#1:07:35

(安田俊亮)

【関連記事】
野田佳彦新首相の支持率13.9% ニコ動のネット世論調査で
野田新体制、始動 新首相の「リーダーシップ論」とは
元”改革派”官僚・古賀氏「霞が関にも志を秘めた官僚はいる」 番組全文(後編)
「八百長相撲以下」岸博幸氏、規制仕分けを痛烈批判
「ゾンビ事業」対策は「キレイな族議員」を! 事業仕分け総括でモリタク提言

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。