ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

変化する味・にしんそば

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月9日放送の「超ポンコツさまぁ~ず」(テレビ東京系、午後18時00分~)では、街の人にカラオケで歌ってもらいながら函館を目指す旅を行い、アンジャッシュの児嶋一哉さん、狩野英孝さん、久松郁実さんの3人が「弁天」(東京都台東区)を訪れた。

旅の途中、昼食にと訪れた同店は昭和26年創業の老舗蕎麦店だ。甘辛いニシンが入った「にしんそば」(950円/税込)が特に人気だという。
席についた3人の元にまず届いたのは期間限定メニューの「かきなんせいろう」(1350円/税込)。大きな牡蠣の入ったおつゆで味わうせいろそばだ。
久松郁実さんが「牡蠣でっかい!」と驚きの声をあげたように、おゆつの中にゴロリと入った牡蠣はインパクト抜群。さっそく牡蠣にかぶりついた狩野英孝さんは「うん、美味い!」とコメントした。

つづいて運ばれてきたのは人気メニューの「にしんそば」(950円/税込)。一見するとさっぱりと薄味のおそばだが、麺の下に甘辛いニシンが隠れている。おつゆをかき混ぜるように底からニシンを持ち上げると、だんだんとつゆの色と味が変わってくる。店員いわく、この変化もまた楽しみのひとつだという。「あ~! 下にいるんだ! こんなところにいたか!」とニシンを探りあてた児嶋一哉さんはニシンをほおばると「う~ん!美っ味い!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:弁天(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浅草のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:浅草×和食のお店一覧
厚みのあるヒレ肉を使用した「極上ビーフヘレカツサンド」
自家製麺&オリジナルソースの絶品やきそば

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。