体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生きる力が溢れてくる?インドの「ムンバイマラソン」の不思議な魅力とは

生活・趣味

映画『スラムドックミリオネア』の舞台となった「ムンバイ」で開催される人気のマラソン大会「ムンバイマラソン」

4万人以上のランナーが参加するムンバイマラソンの人気の理由を実体験を元にご紹介します。

 

事前にムンバイで走ってみる

マリンドライブ

Photo by RISA

マリンドライブという海沿いにランニングの練習にちょうどいい道があります。

なぜかここでは夕方になると凧揚げをしている人が多いですが、夕陽を見に来る人や流行りの「スマホでの自撮り」をする若者たち…たくさん人がいるので心細くありません。

大会当日のコース後半でもここを走るので事前に道に慣れておくのにもお勧めです。
おすすめの記事はこちらです
「ムンバイ」では凧揚げが大流行!インドの大阪で感じたインドらしくない4つのこと

 

スタートは世界遺産から!

CST駅

Photo by RISA

乗降客数がインド一多いと言われるチヤトラパティ・シヴァ―ジー・ターミナス(C.S.T.)駅がスタート地点。

昼間歩いているだけでは見ることのないライトアップされたこの世界遺産で記念撮影をしたり、スタートから盛り上がろう!

 

高速道路を走れる

高速道路1

Photo by RISA

通常は車が走るためのものなので、高速道路を走ることができるなんてとても贅沢。

朝日が昇ってきた頃の高速道路を爽快に走ろう。

 

給水をはじめ、サービスがすごい!

アイシング

Photo by SHINYA

大会で出てくる給水は紙コップでもなく手のひらにフィットする小さな小さなペットボトル。ポケットにも入る大きさで嬉しかったです。

また足が痛くなってきた頃に幹部を冷やしてくれるアイシングサービスや、暑い時間に浴びたいシャワーミストゾーンもあり豪華なサービスも!

早朝から街中で応援の音楽が鳴り応援パフォーマンスも多数でした。

 

ムンバイの「今」を感じながら

子どもたち
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会