ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

生きる力が溢れてくる?インドの「ムンバイマラソン」の不思議な魅力とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画『スラムドックミリオネア』の舞台となった「ムンバイ」で開催される人気のマラソン大会「ムンバイマラソン」

4万人以上のランナーが参加するムンバイマラソンの人気の理由を実体験を元にご紹介します。

 

事前にムンバイで走ってみる

マリンドライブ

Photo by RISA

マリンドライブという海沿いにランニングの練習にちょうどいい道があります。

なぜかここでは夕方になると凧揚げをしている人が多いですが、夕陽を見に来る人や流行りの「スマホでの自撮り」をする若者たち…たくさん人がいるので心細くありません。

大会当日のコース後半でもここを走るので事前に道に慣れておくのにもお勧めです。
おすすめの記事はこちらです
「ムンバイ」では凧揚げが大流行!インドの大阪で感じたインドらしくない4つのこと

 

スタートは世界遺産から!

CST駅

Photo by RISA

乗降客数がインド一多いと言われるチヤトラパティ・シヴァ―ジー・ターミナス(C.S.T.)駅がスタート地点。

昼間歩いているだけでは見ることのないライトアップされたこの世界遺産で記念撮影をしたり、スタートから盛り上がろう!

 

高速道路を走れる

高速道路1

Photo by RISA

通常は車が走るためのものなので、高速道路を走ることができるなんてとても贅沢。

朝日が昇ってきた頃の高速道路を爽快に走ろう。

 

給水をはじめ、サービスがすごい!

アイシング

Photo by SHINYA

大会で出てくる給水は紙コップでもなく手のひらにフィットする小さな小さなペットボトル。ポケットにも入る大きさで嬉しかったです。

また足が痛くなってきた頃に幹部を冷やしてくれるアイシングサービスや、暑い時間に浴びたいシャワーミストゾーンもあり豪華なサービスも!

早朝から街中で応援の音楽が鳴り応援パフォーマンスも多数でした。

 

ムンバイの「今」を感じながら

子どもたち

Photo by RISA

人、牛、スラム街、高層ビル…色々なものが交じっているムンバイ。

人口の多いインドという国、映画でも取り上げられたように大きなスラム街があるかと思いきやすぐ横には高層マンションがそびえ立つ。

どんどん発展し続ける街の中で隠せない貧富の差。

生きるパワーみなぎる街で、子どもたちのきらめく笑顔を見て、様々な思いが全身を駆け回りました。

頭で、身体で、目で、耳で、鼻でムンバイを感じながら走ってください!

 

まとめ

CIMG5272

Photo by RISA

ただ景色を見て走るのとは違う、人間らしさ、生きること、色々なことを感じさせてくれる場所「ムンバイ」。

走り終えると身体は疲れているはずが、インドという国の人びとのパワーをたくさん受けて、エネルギーに満たされる1日に。

日本で忘れていた何かを思い出させてくれる、お勧めの大会です。

ムンバイマラソン情報

マラソン開催日:2016年1月17日
エントリー代:約5,000円(レートによる)
大会ホームページ: http://scmm.procamrunning.in/
その他:今回フルマラソンに参加し、日中は気温30度まで上がるため体力は消耗するが、とても走りやすく応援も多いコースとなっていました。

関連記事リンク(外部サイト)

ぬるぬる相撲など、世界の変わった国技7選
一生に一度は行ってみたい!世界三大スポーツの祭典
NBAの試合中にスクリーン越しに観客とスタッフがダンスバトル!?
モロッコの「マラケシュマラソン」は驚きの連続!コース上にラクダが出現することも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。