ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Mrs. GREEN APPLE、全国ワンマンツアーファイナルで新曲をサプライズ初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mrs. GREEN APPLEの初の全国ワンマンツアー「Mrs. GREEN APPLE TWELVE TOUR 〜春宵一刻とモノテトラ〜」が、4月10日に赤坂BLITZにてファイナルを迎えた。

ツアーは全国14か所を回り、各会場即ソールドアウト。ファイナル公演では、ファン1,500人の熱気で開演前から会場は沸騰状態となっていた。

ライブはアルバム収録曲「愛情と矛先」からスタート。そして続けざまに「SimPle」をパフォーマンスし会場のテンションはのっけからピークに達した。シングル曲で「TWELVE」のリード・トラックでもある「Speaking」では会場が大合唱。また「No.7」では和太鼓が4つ登場し、音源ではDr.山中綾華が叩いているがこの時はメンバー4人が叩くハイライトも見られた。

Vo./Gt.大森元貴はMCで「ツアーファイナルありがとう。高校2年生の時にミセスを結成して、当時Gt.の若井と『全国ツアーがしたい』『CDをリリースしたい』とか話してました。それがちょっとずつ現実になっていて、実感できるなんて経験はそんなにないと思います。感謝してます。」と語り、結成当時からライブで披露している「パブリック」を披露、本編は幕を閉じた。

アンコールでは突如スクリーンに先に発表していた自主企画の東名阪クアトロツアー「Mrs. TWOMAN TOUR 〜初夏とリンゴとロックバンド〜」の対バン相手がそれぞれ発表され、東京はSAKANAMON、大阪はキュウソネコカミ、名古屋は04 Limited Sazabysと豪華なラインナップがアナウンスされた。

「我逢人」をアコースティックで披露し、さらに「庶幾の唄」ではこれまた音源通りにKb.藤澤涼架がフルートを披露し大団円で終了、かと思いきや突如ステージ上のスクリーンで「2nd Single 6月15日 発売決定!」の文字が。

映像が終わるとメンバーが再度登場し、大森がMCで「今日早速やってもいいですか!?聞いてください『サママ・フェスティバル!』」とタイトルコールしサプライズ初披露。演奏の終盤では大きな風船が客席を転がり、2時間のライブがフィナーレを迎えた。

なお新曲「サママ・フェスティバル!」は初回・通常の2形態でリリース。初回盤には今公演の映像が厳選されて収録されるほか、「サママ・フェスティバル!」のミュージックビデオ、メイキング映像も収録される。

Photo by 後藤壮太郎

<セットリスト>
1.愛情と矛先
2.SimPle
3.アンゼンパイ
4.キコリ時計
5.ミスカサズ
6.私
7.HeLLo
8.春愁
9.Speaking
10. うブ
11.No.7
12.リスキーゲーム
13.StaRt
14.パブリック
【Encore】
E1. 我逢人
E2. 庶幾の唄
E3.サママ・フェスティバル!【2st Sg 初公開】

リリース情報
シングル「サママ・フェスティバル!」
2016年6月15日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD)UPCH-89265 1,700円(税抜)
通常盤(CD)UPCH-80434 1,200円(税抜)
<収録楽曲>
1.サママ・フェスティバル!
2.umbrella
3.ノニサクウタ
<DVD収録内容>※初回限定盤のみ
・ワンマンツアー「TWELVE TOUR 〜春宵一刻とモノテトラ〜」より最終日の赤坂ブリッツのライブから厳選した数曲を収録。
・「サママ・フェスティバル!」ミュージックビデオ&メイキングも収録。

関連リンク

■Mrs. GREEN APPLE オフィシャルサイトhttp://mrsgreenapple.com/
■Mrs. GREEN APPLE ユニバーサルミュージックhttp://www.universal-music.co.jp/mrsgreenapple/
■Mrs. GREEN APPLE Twitter@AORINGOHUZIN

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP