ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

倖田來未、初の47都道府県ベストシングルコレクションツアー開幕&会場限定シングル発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アーティストとして15年歩み続けた今もなお攻めの姿勢を忘れない倖田來未が、初となる全国47都道府県ベストシングルコレクションツアーをスタートさせた。

先週、自身がインフルエンザにかかったことにより初日を予定していた千葉公演2daysを延期せざるをえない決断を下した彼女。予想外のツアー幕開けとなった福岡公演で、これまでと変わらない圧巻の歌唱力とライブパフォーマンスを披露し観客を魅了した。

「初日を迎える予定だった千葉公演でインフルエンザにかかり、みなさんにご迷惑、ご心配おかけしてしまい申し訳ございませんでした。
今回インフルエンザで延期しなきゃいけないってわかった時、とても悔しくて。
初日ということで遠くから前日に来て下さったお客さんもたくさんいるから、どうしてもライブをやりたかった。これまで一度もライブを休んだことがなくて、どんなに体調が悪くてもライブは絶対にやってきたから、どうしてもその想いが強くて。
お休みをしてしまったこととても申し訳なかったのですが、こうして、みんなの顔を見ることができて、今日という日を無事に迎えることができて、良かったなと思います。
みんなの笑っている姿、泣いている姿を見て、改めて音楽の力ってすごいと感じました。これからも10年、20年、みんなの背中を押していけるような音楽を創っていけたらいいなと思います。
16年目を迎えた倖田來未を、これからもよろしくお願いします。」―倖田來未

既に一部公演がソールドアウトとなっている今回のツアー。これまでにリリースしたシングル枚数は全58枚。膨大なライブラリーから厳選されたセットリストはファンのみならずとも楽しむことができるライブとなるに違いないと想像できる。誰もが一度は耳にしたことがある曲のオンパレードで、ベストシングルコレクションという名にふさわしいセットリストで次々と展開されるステージに観客の視線は釘づけ状態。昨年行われたアリーナツアーと異なり、客席との距離の近さが一番の魅力というホールツアーで、生バンドならではの臨場感と共に繰り出されるキレのあるダンス、そして圧倒的なボーカル力。それだけではなく演出でも楽しませる見どころ満載の極上のエンタテイメントライブはこの日も健在だ。

その歌声は時にしなやかに、時に優しく、そして、時に力強く。小柄でスレンダーな体のどこにこんなパワーが秘められているのかと思わず考えてしまうが、彼女の独特の歌声は聴く者の心を掴んで離さない。16年経っても変わることのないボーカル力は、決して表には出ない彼女自身の努力があるからではないだろうか。体を張った圧巻のパフォーマンス力も必見だ。攻撃的で妖艶なダンスから一転、切ないバラードで涙を誘う歌から、時に笑顔でチャーミングな一面まで、最初から最後まで150%の姿勢で臨む姿はまさに“QUEEN OF LIVE”の名にふさわしい。

ほぼノンストップで歌い、踊り続ける2時間30分のステージが魅せる非日常の世界。息つく間もなく披露される名曲たちは、かつてあなた自身の人生にそっと寄り添い背中を押してくれた歌もあるのではないだろうか。

そんな中、この日のライブでニューシングル「Shhh!」をライブ会場限定でリリースすることを発表した(1形態RZC1-86110のみmu-moでも購入可能)。折しも今回のツアー公演数と同数となる59枚目のシングル「Shhh!」。購入者の好みのデザインを選ぶことができるという全4種類の形態は、全て揃えると実は裏ジャケットの写真が1枚の絵に仕上がるという遊び心を加えた作品になっている。会場購入者限定でライブ生写真やポスターもゲットできるとのこと。ライブに行った際は是非チェックしてみよう。

血の滲むような努力から掴んだ栄光―これまで歩いてきた道が、彼女自身の糧となり見せるステージ上での輝く笑顔。約8か月のロングツアーで、辛いとき、くじけそうなとき、彼女を支えてくれた全国のファンに感謝の想いを伝えるツアーが今、始まる。

関連リンク

倖田來未 オフィシャルサイトhttp://rhythmzone.net/koda/
■倖田來未 facebookhttp://www.facebook.com/KodaKumiOfficial
■倖田來未 twitterhttps://twitter.com/KODAKUMINET/
■倖田來未 オフィシャル、モバイルファンクラブ「playroom」(共通)http://kodakumi.net/
■ファンクラブ倖田組(PC・モバイル・スマートフォン共通)http://fc.avex.jp/koda/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP