ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『アイアムアヒーロー』オリジナルドラマ配信を記念して、メイプル超合金出演のミュージックビデオ公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月23日よりロードショーされる映画『アイアムアヒーロー』と連動したdTVオリジナルドラマ『アイアムアヒーロー はじまりの日』の配信を記念して、同作に登場する謎の生命体=ZQN(ゾキュン)をテーマにしたオリジナルミュージックビデオが公開され、人気急上昇中のお笑いコンビ メイプル超合金が出演していることが明らかになった。

 本日より配信がスタートした『アイアムアヒーロー はじまりの日』だが、連動プロモーションの一環としてオリジナルミュージックビデオ「ZQN Party□ Music Video by dTV」を制作。映像内では昨年末のM-1グランプリで決勝進出を果たしたお笑い芸人 メイプル超合金が出演。昨年夏、まだ結成当初だった彼らは映画『アイアムアヒーロー』のオーディションを受けて合格し、ZQN役で映画に出演していたことがきっかけになったようだ。

 さらにミュージックビデオには、国内外のクラブシーンで注目を集めるダンサー集団 CYBERJAPAN DANCERSも出演。女性兵士=ZQN BUSTERSが放つ銃弾を浴びながら、“メイプルZQN合金”となった2人がマイクスタンドの前で自身の鉄板ネタを披露する“ZQN漫才“に挑戦する内容となっている。

 なお、このミュージックビデオ「ZQN Party□ Music Video by dTV」は、映画×dTVの共同特設WEBサイト ZQN.danceにて本日より公開スタート。CYBERJAPAN DANCERSが踊る“ハンドサインダンス”の振付動画も公開されており、サイト上で同楽曲を無料提供も行っている。

(C) 花沢健吾・小学館 / BeeTV

◎メイプル超合金(カズレーザー、安藤なつ) コメント
Q.ミュージックビデオ出演を終えた率直な感想を教えてください。
カズレーザー:手応えしかないです。ミュージックビデオとして最高傑作だと思います。グラミー賞か、はたまたゴールデングローブ賞か、なんらかの賞の獲得は手堅いですね。

Q.お互いのZQN姿をご覧になってどうですか?
カズレーザー:(ZQNメイクしても)普段と変わらないので、すごく自然に受け入れられました。しいて言えば、髪切ったかな?くらいです。
安藤なつ:切ってねぇし!メイクの迫力が凄いし、カラコンが入っているので“ZQN”の雰囲気満載で私は恐かったです。

Q.実は映画『アイアムアヒーロー』に出演していたということで、当時を振り返ってどうですか?
カズレーザー:コンビ結成後間もなく2人でオーディションに行って、たまたま2人とも受かったんです。コンビとしては初めてギャラがもらえる仕事だったんで、俺らは“ZQN”芸人なんだと思って、これからは“しゃべり”じゃなくて“動き”で頑張ろう!と意気込んだのを覚えています。

Q.映画やミュージックビデオに限らず、今後挑戦してみたい役柄などはありますか?
安藤なつ:天使にラブ・ソングを…のウーピー・ゴールドバークが演じた主人公をやりたい。黒く塗るだけでやれるんで。
カズレーザー:ヒーロー役ですね。理想は実写版コブラの主演をやりたいですね。ハリウッドからのオファー待ってます。

Q.最後にミュージックビデオを見る人に向けたメッセージをお願いします。
安藤なつ:SEXYな衣装に身を纏った美女の銃撃によって、邪魔されながら漫才をするという新たな試みに注目ください!
カズレーザー:爽快なリズムに合わせて、美女やZQNが入り乱れる楽しい仕上がりになっています。海岸とかで朝まで延々と聴いてほしいです。

◎dTVオリジナルドラマ『アイアムアヒーロー はじまりの日』
2016年4月9日(土) AM0:00~
出演:長澤まさみ、霧島れいか、浅香航太、山崎紘菜、ほか
info:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005015
「ZQN Party□ Music Video by dTV」:
https://youtu.be/wkQIJmykxvw

※□はハートマーク

関連記事リンク(外部サイト)

大森立嗣監督・映画『セトウツミ』ワンカット撮影の特別映像第3弾! 池松壮亮×菅田将暉の絶妙な掛け合いに注目
前田敦子「結婚します!」幸せオーラ全開のウェディングドレス姿、初披露
TUBE デビュー30周年記念のDVD&Blu-rayBOX発売 松岡茉優主演『渚の恋人たち』も収録

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP