ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】季節モノ・ソングがチャート上昇! 春の定番となったレミオロメンとケツメイシの秘密

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月に入り、すっかり春になったが、Hot100も春らしくフレッシュな楽曲が数多くチャートインしている。新曲はもちろんだが、この時期特有の春うたが何曲もランクアップしているのが特徴だ。

 なかでも、群を抜いて人気の高いのが、今週のHot100で12位を記録したレミオロメンの「3月9日」だろう(【表1】)。2004年に発表した彼らの初期代表曲であるが、12年経った今も毎年のようにチャートを上昇するのが驚異的だ。もともとは結婚式をテーマにした歌詞だが、いつしか卒業ソングとして定番化した。実際、売上数も卒業シーズン前から上昇しているし(紫のグラフ)、ツイッターの指数も3/21付で2位までアップ(水色のグラフ)、ラジオのオンエア回数も同日に3位までアップしている(緑のグラフ)。そして、今週また上昇しているのは、この楽曲があらためて評価されている証拠だろう。おそらく、来年も同じようなアクションをするに違いない。

 もう一曲、定番化しているのが、今週のHot100で19位にチャートインしたケツメイシの「さくら」(【表2】)。2005年リリースなのでずいぶん前の楽曲ではあるが、この時期になると必ず耳にするだろう。こちらも3月に入ってから売上数が急激に上昇(紫のグラフ)。関東の桜の開花に合わせたように、ツイッター指数では4/4付で16位(水色のグラフ)、ラジオのオンエア回数は今週4/11付で15位と(緑のグラフ)、それぞれピークを記録。昨年も4/13付のHot100では10位にまで上昇しており、この動きは来年以降も定番化しそうだ。

 他にも今週は、森山直太朗の「さくら(独唱)」が39位、いきものがかりの「SAKURA」が42位と、続々ランクアップ。春うたを探してみるのも、この時期のチャートの楽しみなのだ。text by 栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT100
SKE48「チキンLINE」31.2万枚を売り上げビルボード総合首位、DL1位は三代目「Feel So Alive」
【Chart insight of insight】頑張れ20年選手。じわじわとチャートを追い上げるASIAN KUNG-FU GENERATIONとケツメイシ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP