体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Faint★Star、豪華ゲストを迎えリリース・イベント大盛況

Faint★Star、豪華ゲストを迎えリリース・イベント大盛況

2016年ブレイク必須の次世代アイコン、ガールポップ・デュオFaint★Starが4thシングル「ネヴァエバ」(映画『ドクムシ』主題歌)を4月9日のリリースを記念したイベント〈Tokyo Sound Collection vol.9 ~ネヴァエバ Release Party !!~〉を4月8日(金)渋谷Gladにて開催した。

この日は、好評につき急遽2.5Dによる生配信も実施されることに。

18時の会場とともに続々と集まったファンたちを前にまずトップバッターとして登場したのは、この4月より高校1年生になった北海道出身、「北の橋本環奈」とも称される吉田凜音。デビュー曲「恋のサンクチュアリ!」では「せーの」「あー」とファンとの掛け合いも決まり、ダンサーのこころ、あやねとともに「テンセイリンネ~ GONG! GONG! GONG! ~」など息のあったダンスも披露。MCでは「ショップバッター?」と言い間違え、あどけなさと可愛らしさ、そして力強いダンスでファンたちを取り込んだ。

ここからは一転DJタイム。AVICIIやZEDD、Afroackなどを輩出してきた世界の名門レーベル「Spinnin Records」の大会「Talent pool」にて2位にランクイン、日本人として初めての快挙を成し遂げた新星トラックメーカーの池内ヨシカツが登場。心地よいEDM楽曲を中心とし、Knife Partyの「Begin Again」、ZEDDの「Stay the Night」やQuintino、Ummet Ozcanなどの名曲をチョイスし会場を盛り上げた。途中今回のリリース曲であるFaint★Starの「DESTRUCTION – 池内ヨシカツ Remix -」も披露し世界が認めた才能を見せつけた。

会場もますます盛り上がってきたところで日本が誇るTOP DJ ☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)が登場!MCでは「今日のリリースパーティをとても楽しみにしていました、そして一曲目は何をかけようかな?(笑)ちょっと待ってね」と余裕さえ感じる登場で、「やはりこの曲から」とm-floのアルバム「SQUARE ONE」より「She’s So (Outta Control) 」を、「All I Want Is You」や「MINMI / Lotta Love」など往年のHIT曲と、block.fm主宰ならでは、最新ダンスミュージック曲(Dj Snake – PropagandaやAvicii ‘Levels’ Skrillex Remix)などMixし会場は大盛り上がりに!そしてFaint★Starの(映画『ドクムシ』主題歌)「ネヴァエバ – ☆Taku Takahashi Remix -」を披露したところにFaint★Star本人も登場しリリースパーティならではの豪華コラボとなった。☆Takuらしいdrum’n bassを主軸とした「ネヴァエバ – ☆Taku Takahashi Remix -」はクラブでも通常使いできるほどノレる楽曲に仕上がっていた。その後も☆Takuのセットにはbanvoxの「Watch me」やTeddy Loidとの共作「Fly Away」など日本のトラックメーカーの曲も織り交ぜたMixが印象的だった。わずか30分の出演でもしっかりとm-flo/block.fmとして表現をするところは流石。

そして、会場は暗転するとLazer&Lighting:渋家&huezの演出で強烈なレーザーが飛び出した瞬間、「オーー!」という歓声とともに本日のホスト、Faint★Starが登場した。「DESTRUCTION」、「エレクトロニックフラッシュ」、「レ・ミ・ラ」を披露。ぴったりあったダンスでこの日集まったオーディエンスは大盛り上がり。振りも完璧に覚えているファン達とともに会場中がダンスをしていた。

3曲立て続けに披露した後、MCでは本日出演した3名のスペシャル・ゲストに感謝を述べ、次に新曲で披露する「Hoozuki」について、HINAから、この曲の「ありえないくらい好きになっちゃう」という歌の観点を「ありえない人を好きになっちゃう」と勘違いしていたらしく禁断の愛の歌と思っていたらしい。「例えばYURIAちゃんのパパを好きになるとか!そしたら母と子のユニットになっちゃうね。」と、安定のとぼけた一面も見せ会場を笑いに包んだ。「Hoozuki」のリズムに合わせclapの見本を見せ「一緒に踊りましょう!」と煽ったあと、HINAから、「それでは聞いてください、ありえない人を好きになっちゃう曲、「Hoozuki」」と言うとYURIAから「違うよ!」とすかさずツッコミが入ってスタート。新曲の「Hoozuki」、「Ms.Question」2曲を披露。Lazer&Lighting:渋家&huezの演出とclap、ダンスが見事に混ざり合い素晴らしい世界観を会場にもたらした。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。