ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清水翔太、八尾市新設小学校の校歌を制作 開校式で初お披露目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月30日に約2年ぶりとなる、アルバム「PROUD」をリリースをしたばかりの清水翔太が、この春に新設された八尾市立高安小学校の校歌を制作。先日催された同校の開校式で初お披露目し、清水翔太本人がサプライズで登壇した。

八尾市立高安小学校は、八尾市立中高安小学校(明治5年創立)及び八尾市立北高安小学校(明治6年創立)の統合により、平成28年4月1日に新設される小学校。その新設に伴って、八尾市市民の熱い想いから八尾市出身の清水翔太に校歌制作のオファーが届き、今回の校歌制作が実現した。

制作期間には4ヶ月を要し、何曲も試行錯誤を繰り返したのち一生子どもたちの心に刻まれるであろう校歌が完成。清水翔太自身、校歌の制作は初めての経験で、生まれ育った八尾市の風景を思い返しながら作られた楽曲は、清水翔太らしい美しいメロディーが印象的な1曲となっている。

そんな八尾市立高安小学校の開校式で初披露される新校歌の作者として、清水翔太本人が同校の開校式にサプライズで登壇。生まれ育った八尾市での思い出も込められたこの曲への想いを語った。この日のために、練習を重ねた在校生の合唱により命を吹き込まれた「光」と題される校歌は、この先何年も同校の子どもたちの胸に刻まれ続ける1曲となった。

関連リンク

清水翔太 オフィシャルサイトhttp://www.shimizushota.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP