ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4Kの360度VR動画を撮れる「Orah 4i」はストリーミングも簡単!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カメラの世界では今、「360度」「4K」「VR」がキーワードになっているが、その全てを備えたカメラ「Orah 4i」がVideoStitch社から発表された。

4Kの360度VR動画をライブ配信できるという最先端カメラだ。今年中にも発売される予定で、小売価格3595ドル(約39万円)のところ、現在1795ドル(約19万5000円)でプレオーダーを受け付けている。

・480グラムのコンパクトサイズ

公開されたOrah 4iの外観を見て、まず目につくのがこれまでにないデザイン。360度カメラというと球形が多い中で、Orah 4iは四角形に近い。

単体で見るとややごつい印象だが、8×7×6.5センチと小型で、重量はわずか480グラム。コンパクトながら4つの魚眼レンズを搭載し、360度を捉える。

また、内蔵されたスタビライザーで映像はブレが少なく、かつ4つのマイクが音をしっかりと拾いリアルに再現するとのこと。

・ケーブル1本で配信可能に

動画は4K、30 fpsで撮影。セットアップも簡単、ストリーミングはケーブル1本を差し込むだけという手軽さはこれまでにないものだ。

開発元は「例えば、結婚式やコンサート、スポーツゲームといったイベントを、このカメラ1台を使って1人でVR配信できる」とアピールする。

今後は、FacebookやYouTubeなどでの配信もできるようにするという。

高額なだけにすぐに浸透するカメラではなさそうだが、プロ並みのVR動画がFacebookやYouTubeに溢れる日はそう遠くないのかもしれない。

Orah 4i

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP