ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「園探し」は幼稚園でも?2歳になる前からはじまる、情報収集大作戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:akasuguedi:20160409021424j:plain

妊娠するまで、「園選び」「園探し」というのは保育園のこと、幼稚園には関係ないと思っていました。

というのも、わたし自身が育った自治体では、公立小学校の学区ごとに2年保育の公立幼稚園があり、私立幼稚園に行く子はごくわずか。

4歳になったら最寄りの幼稚園に通うのが当たり前だったからです。

自分が出産するにあたり、将来子どもが通う小学校の学区などが気になって調べてみました。

すると、まず驚愕の事実。

その時住んでいた市では『私立幼稚園のみ、公立幼稚園は無し』だったのです。

そして小学校とは全く関係ない、自宅からは自転車でもちょっとかかる距離のところにいくつかの幼稚園がありました。

そこでハッと気づきました。

近所で見かける幼稚園の送迎バス、あれは「わざわざ私立園に行っている子」が乗っているわけではなく、ほとんどの子がそうやって通園しているのだということに。

改めて、近所のいくつかの園について調べてみました。

さすが私立園、どの園もホームページで情報提供をしています。

ある園は『毎日泥んこ、勉強を強制しません』、 またある園は『小学校に入る前に、ひらがなの読み書きを習得します』。

少人数で各学年1クラスの園もあれば、全体で200人を超えるマンモス園もあります。

給食のある園、毎日お弁当の園。

制服のある園、私服で過ごす園。

降園後や夏休みの預かり保育の有無、課外の習い事…それはもう、チャートを作りたくなるほど、園によってさまざまでした。

ひとつだけ共通なのは、月謝がどこも3万円前後。

諸費用合わせて、3年保育でおそらく150万円近い費用がかかる、ということです。

この高コストにも驚きました。

わたしが通った実家近くの公立園では、現在でも月謝7千円。

家計への影響具合がまったく違います。

こんなに払うならちゃんと選ばないと、と思いました。

ですが、いろいろな特色はあれど、わたしの中でひとつ譲りたくない条件がありました。

それは『歩いて通えること』です。

東日本大震災のとき、当時独身のわたしは自宅から遠く離れた仕事先で帰宅難民になった経験があり、少なくとも小学校低学年までは、何かあったら家族がすぐ迎えに行けるようにしたいという思いがあったのです。

それに、帰り道に毎日、その日の出来事を聞きながら一緒に歩きたい、という夢もありました。

そこで、2歳になったら申し込めるように、自宅から徒歩または自転車で毎日送迎できる園の未就園児クラスの申し込み情報をブックマークしておきました。

ところが、娘が1歳半になる頃、急遽隣の市へ引っ越すことに。

ある程度目算をつけていたのは全て白紙になり、あらためて情報収集することになりました。

やはりまずは自宅からの距離である程度絞り込み、各園のホームページをチェック。

すると一番近いA園の未就園クラスで、1歳代から受け入れをしていることがわかりました。

早速申し込んで通い始めると、担当の先生がとても良い方で、娘もすぐに馴染みました。

情報収集の途中でしたが、

「近いし、娘も気に入っているから、ここでいいかな…」

と思いはじめた矢先のことです。

近所で新しく知り合ったママ友との会話で幼稚園の話になり、A園のことを話すと、

「え?そこでいいの?」

と、意外な答えが。

曰く、A園は給食が揚げ物ばかり、園舎が古くメンテナンスされていない、園児用のトイレの数も少なく掃除が行き届いていない…など。

正直、公立園しか知らないわたしにとっては、A園の様子はさほど違和感はありませんでした。

ですが、ママ友の話を聞いて、実際に見て比較をしたほうがいいと思い、同じく歩いて行ける距離にあったB園のプレクラスにも申し込んでみることにしました。

すると、確かにB園は園舎がとても綺麗です。

年季の入った設備も多いのですが、きちんとメンテナンスされ、日々の掃除が行き届いているのが分かります。

A園は確かに一番近いし、未就園クラスの先生も良い方だし、給食や夏休みのお預かりなど、母にとってはありがたいサービスがたくさんあるけれど…。

そんな時、B園の先生から、園選びについてアドバイスを頂きました。

「幼稚園はぜひ自宅から近いところを。迷ったら『園舎が綺麗に掃除されているところ』をおすすめします。感染症予防の意味でも安全だし、それだけ職員の手が足りているということなので、子どもたちへの目が行き届きます」

この言葉で迷いが晴れました。

結局B園に願書を出し、この春に入園となりました。

園選びではネット等で冷静に情報を整理することも大事ですし、先輩ママの生の声はとても参考になります。

そして何より、子どもと一緒に足を運んで雰囲気をつかむことが大事だと思いました。

f:id:akasuguedi:20160409021335j:plain

著者:さんしょ

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳

もと(一応)理系。印刷会社、広告代理店で約10年働き、出産を機に退職。現在は育児をしながら在宅でデザインと印刷ディレクションをしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「帰ってきたら抱っこしてください」寂しさを堪えながら登園する2歳の息子に思わず涙
上の子優先ってどうすればいいの?2人目育児のスタートは罪悪感のループ…
赤ちゃんが騒いでもOK、お互い様感たっぷり!子連れ映画で「適度に息抜き」

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。