ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜スタジアム場内で、オリジナル醸造ビール「BAYSTARS ALE」が販売開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にまで進出しているんですからね!

ついに、ブームは球場にも到来

そう、その場所とはプロ野球のスタジアム。ついに、野球観戦に彩りを添える場内の売り子たちが、サーバーからクラフトビールを注ぐ時代が到来したのです。

「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」は、横浜DeNAベイスターズの選手らに対し、色やアルコール度数、ホップの香り、苦味の程度などを細かくヒアリングしたのち、醸造家とともに最適な味わいを追求して生まれた、球団初のオリジナルビールです。

明るいゴールドカラーで、草原のような爽やかな香りに柑橘系の香りをプラス。アルコール度数は4.5%と、女性でも飲みやすいすっきりとした味わいが特徴。2015年9月には、日本最古のビール審査会「インターナショナル・ビアカップ 2015」にて、アメリカンスタイル・ウィートビール部門銀賞を受賞したのだそう。

以前はイベント時や場外の「BALLPARK COFFEE」での販売にとどまっていましたが、今シーズンより横浜スタジアム場内での販売が開始。「BAYSTARS ALE」のクラフト感をイメージしたオリジナル衣装に身を包んだスタッフから、内外野のスタンドでも購入できるようになりました。価格は1杯700円。

そこでしか味わえないクラフトビールを求めて、いろいろなスタジアムに足を運ぶ──。横浜DeNAベイスターズのこの取り組みが他球団にも波及すれば、そんな新しい野球観戦の楽しみ方が生まれるかもしれません。

Licensed material used with permission by 株式会社横浜DeNAベイスターズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP