体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症の方に運転をやめてもらうための5つのタイミング

アイキャッチ

前回は運転をやめてもらうために家族がやっておきたいことについて書きました。「もうそろそろ運転をやめないといけないな~」と思いつつも、なかなか手放すことが出来ない運転免許と愛車。おさらばするのは容易なことではありません。今回は運転をやめてもらう絶妙なタイミングと、卒業の舞台の設け方をご紹介します。

前回記事:運転をやめてもらうために家族がやっておきたい4つのこと

認知症になるとどんな運転になってしまうの?

「運転はまだまだ大丈夫!」誰しもがそう思い込みたいもの。しかし、現実は危険運転の連続です。よくある事例を挙げてみますね。
左端や中央線に寄ったりして、フラフラ運転をする

蛇行運転
時速30キロで走行し大渋滞をつくっても我が物顔で運転する

渋滞
後続車に道を譲ろうと、方向指示器を出さず、危険な場所でも突然止まる

急ブレーキ

あなたのご家族はいかがでしょうか?この段階になると、空間認知機能も衰えていますので、車のあちこちをぶつけ始めます。本来であれば、危険運転の前に運転を卒業してもらうのがベストなのですが、なかなかそうもいきません。では、運転をやめてもらうタイミングはどこにあるのでしょうか。

ぶつけた時がチャンス!皆が心配しているメッセージを

「バックで失敗し、車のリアが凹んでしまった」「壁をこすって車を傷つけてしまった」など、ぶつけたときがチャンスです。「お宅のお父さんの運転が危なくてたまらないと、近所の方が心配して電話をかけてきましたよ…地域の皆も心配しているみたいですよ…」と折を見て話をします。

ここで、「危ないからやめてください!」「ぶつけた程度でよかったけれど、大きな事故だったらどうするつもりですか!?」と、非難して怒らせるのは逆効果。「事故に遭わないか、家族も周囲の人も心配している」という愛のメッセージから入っていくと効果的です。

運転の限界時期が来たことを、医師から告げてもらう

事前に医師に相談し、診察の度に運転をあきらめるよう告げてもらうことも効果があります。

「視力が落ちているので、そろそろ運転を卒業する時期ですね」「判断する力が落ちていますから、事故を避けることが難しい時期にきていますね」等と、プライドを傷つけないよう年齢や病気のせいにすることで、受け入れられるように説得してもらいましょう。

または、段階的に限界を告げてもらうのも効果的です

医者1

本当はもうやめた方がいいのだけれど、近場だけにしてくださいね

医者2
1 2 3次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。