ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャーリーズ・セロン、映画『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾に出演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャーリーズ・セロンが、米ユニバーサル・ピクチャーズによるロングランの映画『ワイルド・スピード』シリーズ8作目となる映画『Fast 8(原題)』に出演することが公式に決まったと、複数の情報筋が本紙ヴァラエティに明かした。

まだ役柄の詳細は不明だが、セロンは何らかの悪役を演じることが見込まれている。米ユニバーサル・ピクチャーズは早い段階でセロンに役を依頼していたが、脚本がまだ執筆中であったため、脚本が完成するまでセロンは何も約束したがらなかった。

クリス・モーガンによる脚本が仕上がった後、セロンはその結末に満足していたが、それでもセロンは、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによるスパイ・スリラー映画『The Gray Man(原題)』の出演と天秤にかけなければならなかった。同作は、セロンと米ソニーにとって大作シリーズになる機会であると考えられている。 内部情報によると、『The Gray Man(原題)』のオリジナルの脚本は男性が主人公として書かれており、米ソニーは脚本の書き直しを行った。そのために新しい脚本の仕上がりが遅れ、セロンのスケジュールが空いたため、結局セロンは両プロジェクトと話し合いをすることになった。

『Fast 8(原題)』の製作は今夏に開始し、2017年4月14日に米劇場公開が予定されている。ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、タイリース・ギブソン、ミシェル・ロドリゲスが前作に引き続き再び出演し、F・ゲイリー・グレイが同シリーズの監督を引き継ぐ。ニール・H・モリッツとディーゼルがプロデュースを務める。

セロンは、ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント(WME)と代理人契約を結んでいる。セロンの次回作は、映画『スノーホワイト/氷の王国』と、クロエ・グレース・モレッツの相手役を演じる映画『Brain on Fire(原題)』だ。

このニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP