ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドローンで撮影した画像をクラウドソーシングで解析する、次世代型の捜索支援ソリューション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

遠隔操作や自動制御によって無人で飛行できるドローン(無人航空機・UAV)は、近年、偵察や爆撃といった従来の軍事利用にとどまらず、空中撮影や荷物の配送など、様々な分野への応用が検討されている。

・ドローンで撮影し、クラウドソーシングで画像を解析

英セントラルランカシャー大学を中心に研究開発がすすめられている「AeroSee(エアロシー)」は、ドローンとクラウドソーシングを組み合わせた、捜索救難のためのソリューションだ。

「AeroSee」では、山岳地帯などでの行方不明者の捜索にあたって、救助隊の要請により、ドローンを出動され、上空から現場を撮影。画像はリアルタイムで「AeroSee」のウェブサイトに転送される。

世界各地のボランティアは、オンライン上の画像を、PCやスマートフォン、タブレット端末などから解析し、捜索や救助が必要と思われる地点をマーキング。

マーキングされた画像データは、専門のアルゴリズムによって処理され、救助隊に提供される仕組みだ。

・ドローンの活用で、スピーディな捜索救難を実現

「AeroSee」は、2015年1月、ノルウェーで行方不明になった当時18歳の男性の捜索に利用された後、現在は、ベータ版として、捜索救難の専門家のみを対象に、限定公開している。

「AeroSee」が本格的に実用化されれば、厳しい自然環境においても、行方不明者の捜索や救助をスピーディかつスムーズに遂行できそうだ。

AeroSee

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP