ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

友達偏重に違和感の蛭子能収 友達いないが「それがなんだ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢化社会により、近年、独居老人が増え続けている問題があるが、ひとりぼっちがさみしい――そんな悩みを抱える高齢者とはまるで対照的な“老い方”をしているのが、人気タレント・蛭子能収さん(68才)だ。

 漫画家、俳優、タレントと多方面で活躍するが、いつでもどこでも歯に衣着せぬブラックなキャラクター。一時メディアから遠ざかっていたが2007年に放送が始まった、太川陽介(57才)との珍道中『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)での自然体がじわじわとウケ、数年前に再ブレークを果たした。

 土地の名産を食べずに、好物のとんかつやカレーを気ままに食べる。太川ができるだけ先へ歩を進めようとしても、宿泊地に雀荘がなければ、前進は断固反対する。そんな蛭子さんの行動が愛らしくもあり、“自由人”“下手に気を使わない自然体のお手本”と羨望を集めたのだ。

 当の本人としてはこの評価は心外なようで、「かなりいろいろ人に気を使っているつもりなのに」と、つぶやく。

「相手よりちょっと下にいるように振る舞いますし、衝突してもぼくがすぐに折れちゃうので、人とけんかをしたこともありません。“わかりました、あんたの言う通りにしましょう”って。争っても気分が悪くなるだけだから、けんかはしないで降りるほうですね。仕事の現場でも、余計な口出しはしません。ぼくも漫画家だから、作品にいろいろ言われたら面白くない気持ちは、よくわかるんです」(蛭子さん・以下「」内同)

 そんな蛭子さんが2014年に出版した、人間関係や友達づきあいについてまとめた『ひとりぼっちを笑うな』(角川書店)は、今年10万部を超えるベストセラーになった。現代の“つながりたい社会”に違和感があったことが出版のきっかけだ。

 著書では、「安心感を求めるための友だち作りなんてやってもしょうがない」、「人間関係に悩むならひとりでやれる仕事を探してみては?」など、“ひとりぼっちの良さ”について決して押しつけがましくなく記している。

「ぼくには、昨今の友達偏重の流れがわからない。自分が本当にやりたいことを我慢してまで、相手の顔色や空気を読む必要なんて、ないと思うんです。いつもひとりぼっちで行動して、友達みたいな人もいませんが、それがなんだというのだろう。むしろ、ひとりでいることのよさについて伝えたい、と思ったんです」

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
本業は漫画家の蛭子能収が反省を振り返りながら語る幸福論本
太川陽介 バスの旅で最もイライラした蛭子能収の言動を告白
ブレイク中蛭子能収変人エピソード 人が死んでも悲しくない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP