体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最強の鶏白湯とは何かを考えさせられた一杯のラーメン @『最強ラーメンFes,』町田

mujaki016_R

第二陣も絶好調の『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』ですが、その魅力はズバリ!

「東京都郊外に所在する町田市ごときで日本中の美味しいラーメンが食べられる」

という点に尽きると思います。しかも同じ場所で色々な店の色々なラーメンを食べ比べる事が出来るのも、素晴らしいですね。

さらに細かい事を言うと、超絶人気店ですら30分も並べば食べられるとか、子連れOKとか“ラーメン教室”があるなど様々な理由があります。

『麺屋むじゃき』

mujaki000_R

今回の『最強ラーメンFes,』には『濃厚鶏白湯魚介そば』で勝負に来た『麺屋むじゃき』で御座います。

大量の鶏ガラを強火で炊きあげたスープに、魚介を合わせたダブルスープとの事で、路線としては濃厚なラーメンになりますね。

豚骨に比べて鶏を使ったスープの方が、万人に好まれるというのはありますが、鶏白湯となると話は別です。

mujaki001_R

しかし!

ここ最近は鶏白湯の店もチョイチョイ出て来ていて、認知度も上がって来たのでワンチャンあると睨んだ筆者です。

『濃厚鶏白湯魚介そば』を食す!

mujaki024_R

はい、というわけで実食で御座います。

全体的なビジュアルは濃厚な豚骨醤油ラーメンを彷彿させますが、その正体は鶏白湯です。

mujaki021_R

具材は豚バラ肉を巻いたチャーシューと鶏チャーシューの二種類、海苔にメンマにネギとボリューム満点ですね。

mujaki023_R

さらに!

よく見ると”生玉葱の微塵切り”もトッピングされていますね。生の玉葱は脂を中和してくれる役目があります。

なのでコッテリ系のラーメンに加えると、生玉葱はスープの脂を吸ってより美味しくなり、スープは生玉葱の効果で脂っぽさが緩和される相乗効果が期待出来ます。

ド濃厚な白湯スープの『濃厚鶏白湯魚介そば』

mujaki019_R

しかし!

やはり『濃厚鶏白湯魚介そば』は、この濃厚な鶏スープを味わうのが最大の肝かと存じます。

『麺屋むじゃき』の鶏白湯スープは超絶に濃厚なのですが、それは脂による濃厚さというよりは、コラーゲン的な何かのコッテリ感なので、それほど重くはありません。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。