体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス

オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいのこのエリアは、高級リゾートが立ち並んでいることでも知られています。

そこから少し行った離島に作られたのが、100平方メートルの別荘。リビング、キッチン、ダイニングに1ベッドルームというこじんまりした作りです。

とにかく丸見え!

気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス

ユニークな点は、とってもオープンなところ。すべての引き戸を開けると、外から丸見え。
気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス

自然を感じられるトイレと
気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス

シャワー。
気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス

リビング、ダイニング、そしてベッドから海を見ることもできちゃいます。
気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス
気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス
気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス

気になるベッドまわりはこんな感じ。
気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス

ベッドだけプライバシーが欲しい時も問題なし。

閉めるとこうなります

気持ちよさそう!開放感あふれる、オープンすぎるビーチハウス

もちろん木の戸を閉めればプライバシーは保たれるのでご安心を。ちなみにこの戸、現地の硬い木を使用。年を経るごとに色が変化、周りの風景に溶け込むことを想定しているそう。

自然と一体化する開放感と、プライバシーも保ちつつ、森&海というリゾート気分が家まるごとで味わえるこのビーチハウス。リトリートに行ってみたいですね。

Licensed material used with permission by Willem Rethmeier

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。