ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セルフでキレイな黒髪になる♪ストレートアイロンの使い方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

31歳オトコ美容師が、ストレートアイロンをやってみた♪

普段はプロとして現場に立つ美容師目線で、コラムを執筆させていただいています松井です。
以前のコラムでも紹介した「セルフの5回巻き」に続き、今回は、ストレートアイロンのセルフの使い方について、お伝えしたいと思います。
実際に美容室に来てくださるゲスト様に、一番よくお伝えしているストレートアイロンでのスタイリング。
ゲスト様からは「いつもより納まりがいい感じがします♪」や「根元からしっかり通せていて、クセが出にくく感じます!」と嬉しいお言葉を頂戴しています。
ただ、ただですよ…、
「自分では難しそう…」「時間がかかりそうで、なかなか挑戦できない」という方も、正直少なくありません。
そこで今回も、僕もみなさまの気持ちを体験してみようと、チャレンジしてみました♪
手順と注意するポイントをお伝えしますね。

 

さらさらストレートヘアGET!セルフスタイリングの手順とポイント

①後ろで髪を大きく2つに分けます。
ポイント:一気に全体にアイロンをかけるのではなく、左右のブロックごとに②~⑤の手順を行ってくださいね。アイロンを通さない方の髪は、耳にかけるといいです。

②髪が垂れるように頭を傾けます。
ポイント:傾けて、髪の毛の根元付近が見えるようにします。

 

③手ぐしを通して髪をピンと張り、アイロンを根元から差し込んで、中間までスルーしていきます。
ポイント:アイロンが首や頭皮に当たらないよう、注意してくださいね。

④同じように耳裏、サイド、顔周りの順番にスルーしていきましょう。
ポイント:髪の毛はあまり厚めに挟まないように。アイロンを差し込んで、アイロンの間に入った分だけスルーします。一気に毛先までスルーすると厚くて引っ張れないので、根元から中間までを中心にスルーするのがポイント。

 

⑤最後にまとめて、中間から毛先までをスルー♪
ポイント:毛量の多い方は2~3ブロックに分けて通してください。ゆっくりと少し内巻きになじませるようにカールをつけると、キレイにおさまりやすいです。
いかがでしょう?
モデルがおっさんなのでイメージしにくいかもしれませんが、ぜひご参考までに♪

 

楽なやり方をマスターすれば意外と簡単♪

基本的にゲスト様には、下を向いたり横を向いたりとお伝えして、アイロンを通しやすいポジションに髪をもっていきましょうと伝えています。

ぜひ皆様も楽なところで工夫して通してもらうと、きっと意外と簡単にアイロンスタイリングが楽しめるはず♪

また、ミックスや他の巻き方や、他のアイテムを使ったセルフスタイリングをお伝えしたいと思っています。お楽しみに~♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP