ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高さ300mの壁で囲んだ、新しい「セントラルパーク」が圧巻!(米・NY)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。

「NEW YORK HORIZON(ニューヨークの地平線)」と呼ばれるこのデザイン。Yitan SunとJianshi Wuという2人が担当したもので、アメリカの建築雑誌「evolo」が募集した超高層ビルのアイデアコンペ2016で1位を受賞したそうです。

「大都市」と「大自然」が
共存

現状のセントラルパークは、約2.0平方kmと決して広いものではありません。しかしここで提案されているデザインでは、掘り下げることで、公園の下に隠された岩盤(山)を表に出し、新たな崖に沿ってスペースをつくるという大胆なもの。

この計画では総床面積は約11.25平方kmとなり、エンパイアステートビルの80倍に匹敵するとか。

「伝統的な『景観と建物の関係性』を逆転させる」

という彼らの野望通り、想像以上の「大自然」が目の前に広がっています。

高さ1,000フィート(約300m)、地下100フィート(約30メートル)という構造になっていて、側面には反射率の高いガラスカバーを設置。

そう、まさに地平線のよう!

ニューヨーカーが
都市生活を脱出するために

工事の際に取り除かれた土は、周囲の様々な都市に分配されて、新たな建築物に使用するという計画も立てられていて、抜かりはなし。

忙しい毎日を送るニューヨーカーが、ひとりでも多く自然に触れてリラックスできるように、と考えられたNEW YORK HORIZON。

コンペ用のデザインコンセプトではありますが、「未来の都市のあり方」を改めて考えるきっかけになりそうですね。

Licensed material used with permission by New York Horizon

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。