ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふんわり泡立ち!本格抹茶をいつでも楽しめるシェーカー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「抹茶を飲む」というと、茶席に呼ばれて一服、というイメージがありますよね。そんな概念を打ち破ってくれるのが、ボトルを振るだけで本格抹茶が楽しめる「ふるっ茶」です。

3つのステップで超簡単

使い方は簡単。茶こしで抹茶パウダーを入れ

冷水を注いで

リズムよく10回ほどシャカシャカ振る。

茶筅を使ってお茶を点てたかのような泡立ち!

泡立ちが大切な抹茶ですが、このシェーカー内部には細かい穴が開いているため、きめ細かい泡が立てられるのだとか。

普通のシェーカーで作ると細かい泡は立たたないそう。

80度以下のお湯で作ればホットに、牛乳で作ればラテの完成。砂糖やガムシロップを加えても美味しくいただけます。これならお茶の心得がない人でも簡単にトライできますよね。

裏千家の師範が開発

開発したのは、テアニン株式会社。京都の宇治抹茶ブランド「貴福園」の通信販売を手がけています。社長の貴森みきさんは宇治市の出身で、裏千家の準師範。敷居が高い、作法がむずかしいと思われがちな抹茶を、もっと気軽に飲んでもらおうと考えたのが開発のきっかけ。日本のみならず、海外でも紅茶やコーヒーと同じように抹茶を身近な存在にしたい、という思いがあるそう。

現在、クラウドファンディングサイト「Makuake」で支援者を募っており、5,000円からサポートが可能。高級宇治抹茶5種すべてが楽しめる12,000円のプランも。目標金額は100万円で、4月上旬現在、約54万円を達成しています。

試してみたい方は、こちらからチェックしてみて!

Licensed material used with permission by Makuake

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP