ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カレーだけじゃもったいない? カラミちゃん、スパイス活用術を伝授

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE日曜朝の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。4月10日のオンエアでは、スパイス研究家のカラミちゃんを迎えて、体に良いスパイス活用法を伺いました。

スパイス研究家のカラミちゃんは、スパイスで健康に過ごせる料理を研究しています。使いこなすのが難しいスパイスですが、うまく活用するだけでぐっと奥行きが出るそうです。

■スパイスの多様な効果
スパイスにはリラックス効果があるだけでなく、人は味覚よりも香りで味わっていることもあり、塩分を減らしても満足感を得ることができるそうです。薬膳や漢方のような役割を果たしていて「インド古来の医学などでも、スパイスを摂取する食事療法があります」(カラミちゃん)とのことです。

カルダモン→集中力アップ
フェヌグリーク→女性ホルモンのバランスを整えて、バストアップ効果も
コリアンダー→アレルギーを軽減
ココナッツ→中佐脂肪酸が含まれており、ダイエット効果も
マスターシード→胃もたれ
クミン→アンチエイジング、ダイエット効果

生活にスパイスをうまく取り入れたいところですね。

■いまブームのインドカレー。人気は北より南!?
ところで、今インドカレーがブームになっています。しかも、インドでも北と南では味が違います。「南インドの方のカレーの人気が出ています」(カラミちゃん)ということで、味の違いについて伺いました。

「北インドは、ナンやタンドリーチキン、カシューナッツなどが入っていて濃厚でコッテリしているものが多いです。南インドはナンを食べずにお米を食べます。カレーはサラサラしていて辛いものが多く、日本人の口にも合いやすいですね。植物性油脂を使っていることもあって、ヘルシーです」

■カレー以外のスパイス活用法
番組ではカラミちゃんがカルダモン、シナモン、クローブの含まれたチャイをTHERMOSに入れて持ってきてくれました。

「シナモンにはコレステロール低下、糖尿病予防、美肌などの効果があると言われています。クローブは抗菌作用があるので風邪の予防にも効果があると言われてます」

そのほか、焼きそばで使用するソースの量を半分に減らしてガラムマサラを使うと、香りが楽しめて塩分も減らすことができるそうです。ぜひお試しを。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP