ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

滝沢秀明 滝沢歌舞伎は言葉がわからなくても通じる演出に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 滝沢秀明主演・演出による『滝沢歌舞伎2016』(東京・新橋、4月10日~5月15日まで)がいよいよ幕を開ける。舞台は2006年に『滝沢演舞城』としてスタートし、10年目となった昨年は、初の海外公演としてシンガポールでも上演された。そこで刺激を受けた滝沢は原点回帰を試みる。それは昔に戻るという意味ではなく、“新しい滝沢歌舞伎”をスタートさせるということだった。

 昨年のシンガポール公演では、滝沢が宙を舞うたび歓声が沸き上がった。口笛を吹く人もいれば、声を出す人も。その場で感情が伝わってくる舞台は、新鮮だったという。

「日本では、静かに舞台を見て最後に拍手していただくんですけど、シンガポールではひとつひとつの技に対してリアクションしてくれるんで、ぼくらも気持ちがいいんですよ。拍手ひとつにとっても、いま自分に向けてのものだってのが伝わってきますからね。それが本来のショーの見方だと思うんですけど、日本じゃまだ定着していないですよね。拍手にしろ、スタンディングオベーションにしろ、誰かが先陣切ってやらないとやってくれないところがあって。それを今年から変えていけたらなって思っているんですよ」(滝沢・以下「」内同)

 海外公演ならではの醍醐味を味わった滝沢の新たな挑戦が始まった。

「いままで日本人のお客様をターゲットにした舞台構成だったんですけど、どの国のお客様にも伝わるエンターテインメントを作りたいと思ったんです。言葉がわからなくても通じる演出に変えていきたいなって。原点に戻るって言い方をしてきたんですが、それは昔にもどるという意味ではなく“新滝沢歌舞伎”のスタートなんです」

 新たな滝沢歌舞伎のスタートには、先輩であるV6の三宅健をサプライズとして迎えた。

「なんで? っていうキャスティングにしたかったんです。皆の想像を超えるようなかた…ということで、健くんにお願いしました。ぼくは毎年“スペシャル歌舞伎”という気持ちでやっているんです。スペシャルこそがお客さんへのプレゼントなので。健くんに依頼したもののOKがもらえないまま2人で食事をすることになりました。

 断られたらどうしようってのもありましたが、会ってくれるっていうことは悪い返事でもないだろう…なんて思いながら。プライベートで会ったことがなかったから、初めましてから始まって自分のスタンスを語りました、延々4時間(笑い)。なのに返事がもらえないんですよ。終わりが全然見えなくて、あの…そろそろ…どっちなんですか? って聞いちゃいましたよ。そしたら健くん“滝沢に教わるつもりでやるよ!”って。カッコよくないですか? なかなか言えないですよ!!」

 とまるで兄を自慢する弟のような表情で滝沢は続けた。

「最初から受けてくれるつもりだったみたいなんですけど、どういうつもりで自分を選んだのかを聞きたかったようです。“おれもこの時間、勉強するつもりでやるよ。この作品はお前の作品だから”と言って、一歩引いた言い回しで。この言葉を聞いて、健くんにお願いしてよかったなってしみじみ思いました。おれの目に狂いはなかった!って」

 男同士じっくり話し合い、そこで『滝沢歌舞伎』はもとより、ジャニーズのショーを盛り上げたいという思いに賛同してくれたことが嬉しかったという。

「健くんには表現者として存分にやってほしいです。先輩の意見も大切にしたいし、出てよかったな、滝沢の言葉を信じてよかったなって最後に思ってもらえるように。健くんのファンのかたに、こんな三宅健が見たかった! って思ってもらえるようにしていきたい。それがぼくからのお返しだと思ってます」

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
10年目迎えた滝沢歌舞伎 滝沢秀明・北山宏光・藪宏太が語る
ジャニーズJr.京本大我 今の僕がいるのは滝沢くんのおかげ
V6三宅健 タッキーとの会食中に酒を一滴も飲まなかったワケ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP