ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林よしのり氏が田原総一朗氏に「ポジショントーク?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小林よしのり氏が気炎を上げる。テレビ報道はもう終わった、と。向かう先は、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)の司会者として、その道の先頭を走り続けてきた田原総一朗氏だ。同氏はまだまだテレビには力が残されている、と返す。高市早苗総務大臣の「停波発言」の波紋が収まらないなか、2人が激論を交わした。

小林:先日(2月29日)、高市早苗の電波停止発言に対する、ジャーナリストの抗議会見があったでしょう。田原さんも出てたけど。そこで二つ、引っかかった。一つは、ポジショントークに陥っているのでは、という懸念です。

田原:ポジショントークっていうのは?

小林:つまり、右か左かという色が出過ぎちゃっている。安倍政権が嫌いだから高市発言を批判するっていう感じが強いから、結果、会見そのものも産経新聞とかは、小さくしか扱わない。

田原:読売もそうだね。テレビで言えば、フジ・日テレ・NHKの報道番組の出演キャスターにも声を掛けたけど、会見場に来なかった。

小林:安倍政権寄りだからですよね。(行ってはいけないと)お触れが出てたのかな。だからまさにポジショントークなんですよ。この問題は言論の自由に対する挑戦なんだから、右も左も関係なく、大きく報じなければいけないはずです。

 もう一つは、なぜ怯むのか、もっと正々堂々、政府を批判すればいいじゃないかという(会見を取材したフリージャーナリストの)質問に対して、(登壇者が)きちんと答えられなかった。萎縮しちゃうのは、局内の人間は組織人だからでしょう。上の人間が怖い。

田原:そんなことない。上って、何? 労働組合もあるわけだから上とケンカができないなんてことはないよ。下の声が強くなれば、上は妥協するしかない。

小林:でも、現実には萎縮しちゃっているわけでしょう。

田原:だらしないだけですよ。高市早苗も、安倍さんも、テレビは怖い媒体だということをよくわかってる。だから、恫喝みたいなことをしてくる。テレビ側が何も言い返さないのが良くない。彼女の言うことなんて憲法違反ですから。

小林:そうなんですよ。憲法は国民の側からの命令書だから。おまえたち権力者は「思想・言論の自由を保障すること」っていう意味なんですよ。それなのに、自民党の議員たちは国家から国民への命令だと考えているんですよ。根本的なことがわかっていない。

田原:各局がそう言えば、高市早苗なんて、憲法を知らないバカな女だね、で終わりなわけです。

【プロフィール】田原総一朗:1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、岩波映画製作所を経て、1964年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。1977年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。主な著書に『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』など。    

【プロフィール】小林よしのり:1953年、福岡県生まれ。1976年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒット。1992年、「ゴーマニズム宣言」の連載スタート。以後、「ゴー宣」本編のみならず『戦争論』『靖國論』『昭和天皇論』といったスペシャル版もベストセラーに。執筆の傍ら、『朝まで生テレビ!』に出演し、討論を盛り上げた。

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
高市総務相「消えた1億円」疑惑 捏造会見に週刊ポスト反論
SAPIO大好評連載・業田良家氏4コママンガ 「謝罪会見」
高市早苗総務相に「選挙買収」疑惑浮上 夫事務所が重大証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP