ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

40代から注意 心房中隔欠損症に負担減のカテーテル治療

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 心臓は右心房と右心室、左心房と左心室の4つの部屋に分かれている。右心房と右心室には全身を巡った静脈血が戻り、左心房と左心室からは肺で酸素をもらった動脈血が全身に向かって流れていく。通常は左右の心房と左右の心室の間には壁があり、静脈血と動脈血が混じらないようになっている。

 ところが、右心房と左心房の間の壁に孔(あな)が開いているのが心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)、心室に孔が開いているのが心室中隔欠損症だ。心房中隔欠損症は、先天性心疾患の約45%を占めており、約1000人に1人の割合で見つかる。慶応義塾大学病院循環器内科の福田恵一教授に聞いた。

「生物はもともと1心房1心室でしたが、進化の過程で2心房2心室になりました。人間も胎児の初期は1心房、1心室ですが、途中で左右に分かれ孔が塞がり、2心房2心室になります。この胎児のときに心房で塞がるべき孔が塞がらなかったのが、心房中隔欠損症です。1次孔欠損と2次孔欠損、静脈洞欠損があり、成人になって一番多く見つかるのが、2次孔欠損です」

 1次孔欠損と2次孔欠損は、胎児の成長過程で孔が塞がる順番の違いで、1次孔は孔が大きく子供時代に発見され、手術となる。2次孔欠損は患者の7割と一番多く、成人になって発見される。無症状で40代になる頃から動悸、息切れ、疲れやすさ、むくみなどの症状が出てくる。

 心房中隔欠損症で怖いのは、心房細動や奇異性脳塞栓を起こす危険性があることだ。心房に孔が開いていると、血液は左心房から右心房に流れることが多い。たまに咳や深呼吸の際に、右心房から左心房に血液が流れることがある。脚に血栓ができて飛ぶと肺に流れ肺塞栓(はいそくせん)になるが、右心房から左心房に血液が流れているときには、血栓が大動脈から脳に流れ、脳塞栓が起こる。これが奇異性脳塞栓だ。

 心房中隔欠損症の確定診断は、心エコーで行なう。胸の上からの超音波ではなく、食道内に内視鏡を入れて心臓の裏側から超音波でみる経食道心(けいしょくどうしん)エコーも登場し、孔の位置や大きさ、血液の流れなどが鮮明にわかる。

「心房中隔欠損症の治療として、慶応病院では2011年からカテーテル治療を取り入れ、年間約70症例と全国で一番多く実施しています。脚の付け根からカテーテルを挿入し、右心房から左心房に入れ、孔のそばでアンプラッツァーという形状記憶合金製の傘を2つ開き、挟むように孔を塞ぎます。時間とともに周囲に血管内皮ができ、完全に孔が閉じます」(福田教授)

 患者の負担をより軽くするために、脚から挿入する心腔内心(しんこうないしん)エコーで治療を行なうこともある。経食道心エコーでは全身麻酔が必要だったが、心腔内心エコーは局所麻酔で治療が可能だ。脚の傷は数㍉程度で術後ほとんど目立たなくなり、入院は3泊4日と短く、退院後すぐに職場復帰が可能だ。ただし、カテーテル治療は、直径38ミリを超える大きな孔や、孔が大動脈に近い場所では使えず、手術となる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
人間の心臓 1日に10万回、死ぬまでに30億回以上拍動する
食生活の欧米化で血液の流れが悪くなる大動脈弁狭窄症が増加
患者百万人 心房細動による脳梗塞予防に内視鏡外科治療有効

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP