ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

偽オリーブオイルが日本にも上陸している背景とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イタリアで偽装オリーブオイルが摘発された。しかも日本でも販売された形跡があるという。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏は日本の「偽オリーブオイル天国」に警鐘を鳴らす。

 * * *
 この数年、日本国内のオリーブオイル消費が急増している。その99%以上を輸入に頼るオリーブオイルは、輸入量がほぼそのまま国内の消費量に等しい。2008年までの輸入量は年間3万トン前後。以降、年間数%ずつの伸びを見せ、2013年には5万トンを突破。現在、年間約6万トンを輸入している。

 だが、輸入量や消費の伸びとは裏腹に、日本のオリーブオイル文化は醸成されてはいない。日本でも「エクストラバージン」が高級だということは知られてはいるが、この呼称が何を指すかは定義されないままだ。

 今年2月、ロイターは「警察によると、イタリアの偽装オリーブオイルは米国と日本で数千トンが販売された」と報じた。以前から、欧米ではオリーブオイルの偽装が問題視されてきたが、日本にも偽装オイルが上陸していたことが明らかになった。

 国際オリーブ協会(IOC)の基準ではオリーブオイルは、純度試験と品質検査によっていくつかのカテゴリーに分類されている。

1.果実をそのまま搾ったバージン・オリーブオイル
2.品質がいまひとつのオイルを精製した精製オリーブオイル
3.上記1と2をブレンドしたオリーブオイル

 この他にも分類はあり、さらに各カテゴリーのなかで細かく分類されている。われわれがスーパー店頭で見かける「エクストラバージン・オリーブオイル」は「バージン・オリーブオイル」カテゴリーのうちの最上級のものを指す……はずなのだが、実は日本には「バージン・オリーブオイル」という表示分類はない。

 日本のJAS規格にあるのは「オリーブ油」と「精製オリーブ油」というカテゴリーのみ。それぞれの定義は「オリーブ特有の香味を有し、おおむね清澄であること。酸価2.0以下であること」(オリーブ油)。「おおむね清澄で香味良好であること。酸価は0.6以下である」(精製オリーブ油)となる。明確にわかる両者の違いは数値くらいで、IOCの国際取引基準に沿った試験や検査もない。日本は偽装「エクストラバージン」名乗り放題の国なのだ。

 もっとも、国産の「オリーブ油」の品質が低いわけではない。この数年、小豆島産など複数のオリーブオイルが国際的なコンテストで続々と上位入賞を果たしている。”JAPAN Quality”ここにあり。最近ではオリーブオイル新興国の品質向上もめざましい。新興国のチリからは収穫後すぐに搾ることで、劣化の指標となる酸度が0.2%以下(エクストラバージンオイルの基準は0.8%以下)という上質な製品も輸入されている。

“オリーブオイルメジャー国”の産品だからといって、すべてが高品質なわけではない。昨年イタリアでは、偽装問題でメーカー数社が摘発された。スペインも2012年に「スペイン産オリーブオイルの品質とトレーサビリティのチェック強化」を行ったが、その数カ月後、消費者団体が市場に出回る製品を調査したところ、全体の3分の1が虚偽表示を行っていたという。

 こうした実情は、日本ではほとんど知られていない。そこには消費者の傲慢が見て取れる。「食の安全」に目くじらを立てるクセに、ブランドや流行には飛びつかずにはいられない。食品の成り立ちを知ろうともせず、「コスパコスパ」と安価な商品を求めてしまう。

 偽装オイルが日本に向けて出荷されたのは、そうした姿勢のツケだとは考えられないか。メーカーや流通業者が消費者の求めにばかり目を向けた結果、起きたバタフライエフェクト――。結局のところ、偽装させているのはわれわれ消費者なのだ。高級ホテルで起きた食品偽装からまだ何年も経っていない。消費者の気質が変わらなければ、食品偽装は何度でも繰り返される。

【関連記事】
速水もこみち オリーブオイルならぬ「ふりかけ」をかける
岸朝子さん 取り寄せの燻製牡蠣に「おいしゅうございます」
納豆+アボカド、納豆+トマト&オリーブオイルでおしゃれ丼

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP