体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。4/11-4/17の運勢をチェック!

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

占い・文  キラ/fortune reading  KIRA(http://twitter.com/kineko8)  イラスト 酒井景都/illustration Kate Sakai

 

あなたの星の出し方
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 

 4/11-4/17の運勢

水

1・水の星の人

4月の全体運 今までの努力が形となってあらわれたり、あなたの能力や良いところが認められやすくなる月です。さらに、今月一生懸命に取り組んだことは、やがて「実」を結ぶことになりそうです。

幸運を招く方角 東

ご利益フード  シーフードピザ

 

今週の運勢(4/11~4/17

「自己過信」に気をつけたい週です。運気が好調な今月、気持ちが大きくなって、さまざまなことに手を伸ばしたり、首を突っ込みたくなりそうです。しかし、たったひと月、また自分ひとりでできることは限られています。あれもこれもと欲張るのはやめておきましょう。優先順位をつけて、まずは今取り組んでいることを確実に仕上げることから始めてみるのが良さそうです。

8日の仕事運は順調です。11日は軽率な言動を取らないように。17日は揉め事が起こりやすい暗示。勝っても負けても後味が良くなさそうです。「平和」を心がけてくださいね。

大地

2・大地の星の人 

4月の全体運 娯楽に恵まれた月になりそうです。気持ちも春めいて、お出かけの機会も増えそうです。また、どきどき、わくわくするような出来事も期待できそう。ただし、おのずと出費は多くなりがちに。お金の「使い方」を工夫してみましょう。

幸運を招く方角 東南

ご利益フード アクアパッツァ

今週の運勢(4/11~4/17

少々の慎重さが必要なとき。大きな失敗ではないけれども、最後の詰めが甘く、やり直しをすることになったり、ちょっとした骨折りや気苦労が起こりやすい暗示。最後まで、しっかりと手を抜かないようにしましょう。

12日は自分の感覚を信じても大丈夫。16日は気をつけたい日。今すぐに必要ではない物の購入はやめておきましょう。また、引っ越しや転職活動も可能なかぎり避けた方が良さそうです。17日はラッキーデー。恋愛運が上昇中。また、ショッピングや外食も大いに楽しめそうです。

雷

 

3・雷の星の人 

 

 

4月の全体運 「変化」が起こりやすい月です。自分自身、何かしら現状を「変えたい」と思うようになりそうです。けれども、今月は大きな改革は避け、まずは手の届く範囲のこと、身の回りのことを整えていくことから始めてみるのが良さそうです。

幸運を招く方角 なし

ご利益フード 鮭のムニエル

今週の運勢(4/11~4/17

体調面でのトラブルが生じやすくなっています。新年度や新学期を迎え、環境面に変化があった人は特に気をつけたいとき。自分自身が思っている以上に、精神的にも肉体的にも疲れが溜まっているようです。身体の不調を感じたら、「気のせい」なんて思わずに、きちんと労わってあげてくださいね。

12日は警戒日。「うぬぼれ」に気をつけましょう。13日はラッキーデー。あなたの一生懸命な態度に、協力してくれる人があらわれそうな予感。14日は地道な作業こそ、頑張りたい日。16日は「美」に関することにツキあり。美容院に行って、髪のメンテナンスをするのもオススメです。

風

4・風の星の人 

4月の全体運 良いこともそうでないことも表面化しやすい月です。目立ちやすく、ついつい個人プレーに走りがちですが、離れや別れの作用が強まっているとき。心の結びつきや協調性を大切にしたいときです。

幸運を招く方角 なし

ご利益フード ポテトサラダ

今週の運勢(4/11~4/17

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。